ここから本文です

解決済みのQ&A

卓球の’’チキータ’’とはどういうもので、打ち方はどんなものですか?

toyo8401299さん

卓球の’’チキータ’’とはどういうもので、打ち方はどんなものですか?

  • 質問日時:
    2008/8/30 20:51:25
  • 解決日時:
    2008/8/31 10:24:50
  • 閲覧数:
    35,202
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

michael_and_christopher_amottさん

チキータというのは、変則的なバックフリックのことです。
ラケットの先が下にくるくらい手首を思いっきり曲げて、ボールに回転をかけながら払うフリックです。
シェークハンド限定だと思われます。
ピーター・コルベルという選手が発明したと言われています。
このチキータをすると、横回転がかかってバナナみたいにボールが曲がるので、チキータ(バナナの名前)という名称になったそうです。
このチキータは昔はコルベル選手の代名詞でしたが、今ではよく見かけるようになりました。
日本では、水谷準選手がチキータをよく使っています。

コルベルの動画です。
チキータをよくつかっています。
http://jp.youtube.com/watch?v=xmwA6yg7cDY

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する