ここから本文です

解決済みのQ&A

三相誘導電動機の無負荷における力率cosθが悪い理由に考えてみようという問題が出...

karakuritv_2さん

三相誘導電動機の無負荷における力率cosθが悪い理由に考えてみようという問題が出されたのですが、全く分からないので皆さんの力をお貸し下さい。

実験の内容は以下の通りです。
①結線し、電流計および電力計の電流端子がスイッチS1,S2で短絡されていることを確認して、スイッチSを閉じ、無負荷運転する。
②運転状態になったら、スイッチS1,S2を開き、各計器の値を記録する。

使用した機器は次の通りです。
供試かご形三相誘導電動機・・・2.2kW,200V,9.8A,4極,1430min,50Hz
交流電圧計・・・150/300V
交流電流計・・・10/50A
スイッチ・・・単極単投スイッチ
三相電力計

接続図
http://photos.yahoo.co.jp/ph/karakuritv_2/vwp?.dir=/f90c&.src=ph&.d...

無負荷特性
http://photos.yahoo.co.jp/ph/karakuritv_2/vwp?.dir=/f90c&.src=ph&.d...

上記内容でご解答願います。皆さんのお力をぜひお貸し下さい。よろしくお願いします。

  • 質問日時:
    2008/9/4 23:46:29
  • 解決日時:
    2008/9/19 03:49:10
  • 閲覧数:
    6,574
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

hekora_hekoraさん

定電圧、定周波で駆動する誘導機の励磁電流は負荷に関わらずほぼ一定
で、無負荷で有効電力が損失(機械損と鉄損が大半を占める)だけになって、非常に小さくなるので
力率は非常に小さくなると。

ちなみに、
誘導機に負荷がかかってすべりが出てるときに、回転子には誘導電流が流れます。が、この誘導電流の作る回転磁界は固定子が作る回転磁界と90度位相が異なっていて、励磁電流の作る回転磁界を打ち消すわけではありません。
どちらかというと、回転子の作る磁界を打ち消すように固定子に有効電流が流れる、というような動作になります。(というのは、空間の磁界は加える電圧で決まってしまっているので、二次電流による磁界を固定子電流で打ち消してやらないとつじつまが合わなくなる

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

inmyway_imaeさん

計算式が違うとか?

力率=有効電力÷皮相電力

goma_hiroshiさん

無負荷だったら有効成分は損失分だけだからでは?

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する