ここから本文です

閻魔大王に仕える獄卒の鬼とはどこから来たもの達なんでしょうか? 獄卒と言うか...

bjomc2_urasさん

2008/12/416:07:28

閻魔大王に仕える獄卒の鬼とはどこから来たもの達なんでしょうか?
獄卒と言うからには地獄かな…と思ったのですが
その場合地獄や餓鬼道へ落ちた魂が罰を受けた後鬼になって仕えているのか(輪廻の対象)
最初から地獄で生まれたのか(輪廻の対象では無い)はたまたどっちでも無いのか
調べてみたんですけどよく分からなくて、詳しい方居らしたら教えて下さい!

閲覧数:
7,924
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sengokunottiさん

2008/12/417:06:10

「おに」の語はおぬ(隠)が転じたもので、元来は姿の見えないもの、この世ならざるものであることを意味したます
そこから人の力を超えたものの意となり
後に、人に災いをもたらす伝説上のヒューマノイド(亜人・人の形をしたもの)のイメージが定着しました
さらに、陰陽思想や浄土思想と習合し、地獄における閻魔大王配下の獄卒とされたとあります
習合とは異なる宗教とか思想が交じり合って できるものです
陰陽思想の五行説
浄土教(深くはインドの大乗仏教の時代にインドの辺境で興り、古代中国に影響を与えたといわれています)
との交じり合いでできたイメージが獄卒といいますから
最初から閻魔大王に仕えるものであり、地獄の住人と思われます

「正法念処経」巻16では人間が落ちる餓鬼は
閻浮提の下、500由旬にあり、長さ広さは36000由旬といわれる。
しかして人間で最初に死んだとされる閻魔王(えんまおう)は、劫初に冥土の道を開き、その世界を閻魔王界といい
、餓鬼の本住所とし、あるいは餓鬼所住の世界の意で、薜茘多世界といい、閻魔をその主とする。
余の餓鬼、悪道眷属として、その数は無量で悪業は甚だ多い。
とあります
36種の餓鬼の中で閻魔大王に仕える餓鬼がおりますが
これはただの使いっぱしりみたいですね(元は亡者です)

結論としては隠(おん)から発生したつまり餓鬼ではなく
亡者を苦しめる為の鬼
元々地獄内で発生した亜人(獄卒)と思われます

質問した人からのコメント

2008/12/10 18:02:22

感謝 なる程!勉強になりました!
ありがとうございます!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/12/811:48:20

閻魔法王に仕え、地獄に堕ちた衆生に苦しみを与える役割を持ち、地獄に住しているのが「極卒と奪衣婆(だつえば)」です。
地獄に堕ちた人は「奪衣婆」によって衣服をはがれ、「極卒」によって、肉はおろか骨が粉々に砕けるまで叩き潰されます。
しかし、地獄に堕ちた衆生にも寿命があり、粉々に砕かれた後に再び地獄界に生まれ、また極卒によって骨が粉々になるまで叩き潰される........罪の重さによって、これを何度繰り返すかが異なります。
それでは、何のためにその様なことをしているのかというと、罰を罰として与えることによって、衆生が改悔(かいげ)の心を起こし、来世においては二度と罪障を積むことなく、仏道に入ることを求めさせるための役割を果たします。
しかし、これはまだ地獄としては序の口であり、真におそれるべき地獄は無間地獄(むけんじごく)といわれ、まさに一瞬の休みもなく、常に苦しみを味わう地獄があります。
末法(西暦1052年以降)においては、日蓮大聖人の残された三大秘法を信じることなく、他の宗教や思想を信じることが最大の罪障であり、それによって人は無間地獄に堕ちると説かれています。
どうか、yahooで「日蓮正宗寺院一覧」を検索して、最寄の日蓮正宗寺院に詣でて、よくお話を聴いてください。
決して恐ろしいことではなく、日蓮大聖人は一生成仏をお約束してくださる末法有縁の仏様ですので、色々とご相談してみることをお勧めします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

semu6000さん

2008/12/418:09:19

地獄で働く鬼たちの正体は、国常立大神の息子達です。
神の御心を大きく逸脱し、地獄に落ちてしまった人間を
心より改心させる為の辛いお仕事です。
それがゆえ、神様の直系子供達に獄率の鬼となって働いておられます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する