ここから本文です

解決済みのQ&A

格助詞の「に」と「と」の違いがよく分かりません。

schoenessegelさん

格助詞の「に」と「と」の違いがよく分かりません。

文法の問題で、「次々に」というのと「次々と」というのがありました。
例えば、「名作を次々と発表する」と「名作を次々に発表する」。
状態や動作の様子を両方とも表しているように思えるのですが、「左右に揺れる」はあっても「左右と揺れる」というとおかしい気がします。
どういう場合に「と」や「に」使えば良いのでしょうか?

  • 質問日時:
    2008/12/12 01:07:52
  • 解決日時:
    2008/12/15 16:59:54
  • 閲覧数:
    451
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

dendenko123さん

先ず副詞には「と」、「に」がつくものと何もつかないものが
あります。
あなたは副詞の成分である「と」、「に」と格助詞「と」、「に」
とを混同しています。
「左右に揺れる」を先ず解決しましょう。
この「に」は格助詞で、方向を示します。
次に副詞成分の「と」と「に」ですが、「次々」に「な」をつけてみて、
「次々な」が成立すれば、形容動詞ですが、「次々な」はありません。
故に副詞です。
「と」は文語断定の助動詞「たり」の連用形「と」が今日副詞成分
として残っているだけですから、「次々と」は一語で副詞です。「と」は
副詞の成分です。
「に」は今日でも、断定の形容動詞「だ」の連用形「に」がありますから
この形容動詞の語尾であるかどうかを見るために「次々」に連体形の
「な」をつけてみます。「次々な」は不成立、よって「次々に」は形容動詞
でないことが判明しました。これは一語で副詞です。以上大変複雑に
なりましたが、調べ方を知っておくと便利です。
さてここで「と」と「に」のどちらが現代語にふさわしいかという問題があります。
そこで「と」と「に」のどちらが現代風であるかの問題ですが、それは主観の
問題であったり、身につけた言葉からの選択の問題でもあります。
「と」は文語から来ただけに少し硬い感じがします。
さて、これらの語の働きのことですが、どちらも同じ事を言っています。そして
連用修飾語であり、ここでは「発表する」を修飾しています。
副詞については、できるだけそのまま覚えることにしましょう。

<田子>

質問した人からのお礼

  • 詳しく教えてくださって有難うございました。
  • コメント日時:2008/12/15 16:59:54

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

qed20032000さん

「名作を(次々に(or と))発表する」では「発表する」の目的語が(ここでは)「名作を」と限定されてるので「次々に」「次々と」のいずれでも構いませんが、「左右に揺れる」では「揺れる」という動詞は目的語を取れない(一例として「私は揺れる」の中に「(振り子時計の)振り子を」を入れると不自然な文章になる)ので「左右に」という言い方しかありません。

gaan1989さん

持論ですが……

「と」は状態、「に」は動作を表す考えます。
例に出された「次々(に・と)」というのは、「次々」という言葉が動的な要素が含む状態を表しているから、迷われたのだと思います。

「揺れる」のは動作なので「左右に」となります。「と」を使う場合は方向を表す「へ」を付けて「左右へと」と動的にすれば、多少の違和感は有りますが文は成立します。

あくまで私の持論ですので、悪しからず。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2008/12/12 01:42:25

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する