ここから本文です

解決済みのQ&A

ネットで調べたら、妊娠中などで膣の酸性が強くなるとカンジダになりやすいという...

lintszloさん

ネットで調べたら、妊娠中などで膣の酸性が強くなるとカンジダになりやすいという記述と、膣を石鹸で洗いすぎたり、抗生剤で膣の乳酸菌(?)

が弱って酸性が弱くなるとカンジダ菌が活発化するという、相反した記述の両方がありました。

本当はどっちなんでしょうか。膣にリトマス紙を貼って調べたいくらいですが、今はカンジダじゃないのです。どなたか、真実をご存知の方、よろしくお願いします

補足
カンジダを予防したい理由で知りたいわけではなくて、カンジダになってしまっている膣が酸性なのかアルカリ性なのかを知りたいという好奇心からの質問なんですが、わかりますでしょうか。
  • 質問日時:
    2009/3/6 10:14:40
  • 解決日時:
    2009/3/21 04:10:39
  • 閲覧数:
    2,252
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

party1616imabariwest75さん

健康な膣内にはデーテルライン膣桿菌という乳酸菌の一種がおり弱酸性に保たれてカンジダの繁殖を抑えています。
この菌は膣の自浄細菌とも呼ばれ健康な状態を維持してくれています。
ビデ等で頻繁に膣を洗浄するとこれらの菌も洗い流すことになり、カンジダになりやすくなります。
必要以上の洗浄は控えましょう。
また、おっしゃるとおり、妊娠により膣内が弱酸性から強い酸性に傾くと膣内の細菌や真菌のバランスが崩れカンジダが繁殖しやすくなります。
妊娠は膣内を強い酸性にするだけでなく体力を消耗し、免疫力も落としますので、感染しやすくなります。
妊娠の他、糖尿病や抗生物質・ステロイドの多用によっても起きやすくなりますのでご注意を。

補足に対する答え:一般には、体調の変化やデーテルライン菌の欠如により弱アルカリ性に傾き、カンジダや雑菌の繁殖しやすくなります。強い酸性に傾くのは妊娠中の特別なときのみです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2009/3/6 16:17:19
  • 回答日時:2009/3/6 11:11:40

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

sono_wine_ha_wain_yadeさん

膣の中の酸性が強くても弱くても、カンジダになる方はなります。
妊娠中は胎児を育てている分、常に体には負担がかかってます。
カンジダは疲れたり、体にストレスがかかって免疫力が落ちている時に出やすいのです。
膣の酸性がどうかということを気にするより、からだにできるだけストレスをかけない生活を心がける方が、カンジダ予防には得策です。
妊婦検診や母親学級で生活指導があると思いますが、まさにあれのことです。

あえて言うならば、2つの記述のうちでは後半の方が正解に近いと思います。
抗生物質の影響や、局部の洗いすぎで善玉菌(乳酸菌など)が減ってしまって、かわりにカンジダが繁殖することがあるのは事実なので。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する