ここから本文です

綺麗にアーク溶接するコツを教えていただきたい。 私のレベルは、工場で何か壊れ...

kin_chan_333さん

2009/3/2320:01:34

綺麗にアーク溶接するコツを教えていただきたい。
私のレベルは、工場で何か壊れた時や、ちょっとした物を作る時なんかに使う程度で、初心者に毛が生えたぐらいで、 用語も初歩レベルです。

B-17の3.2㍉と4㍉を使って電流130前後くらいでやってます。
なかなか真っすぐ引けず曲がってみたり、幅も均一にビシッとなりません。また、高く盛らさります。もっと平に盛りたいと思ってます。

アーク長についてですが、私の感覚では、母材を擦りながらの感覚でしたが、棒サイズと同じくアーク長を保つと他の質問で見ました。と言う事は、母材に触れてる感覚はないと言う事ですね?

長くなりましたが、まとめます。
1.真っすぐ均一にするコツ
2.平に盛るコツ(何故高さが出てしまうのか)
3.アーク長について
4.溶接棒の角度

ご教授よろしくお願いいたします。

閲覧数:
36,312
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/3/2320:20:26

1.真っすぐに溶接棒を動かす。
2.溶け込んだ量だけ溶接棒を母材に送ると同時に1.を行う。
3.棒サイズと同じくアーク長を保つ。
4.上記1~3及び溶接角度により変わる。

1~4を同時にするだけ。

>母材に触れてる感覚はないと言う事ですね?
ちょっと違う。
被覆は溶接の角度によって触れていることもあります。

何でも同じ、数やりゃ上手になります。
上手にならないのは気合がたらんから・・・

修理を外注に出さないで自社で行い、経費を削減するのなら慣れるしかない。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

frt_afpさん

編集あり2009/3/2422:02:04

「日本溶接協会」を検索してみてください。
そこに求める答えがあると思います。
1つ気になったのが、電流130Aですが下向きなら低いと思います。
立向きならちょうどよい電流だと感じますが・・・・
電流低く運棒(移動)が遅いと肉(ビード)は高くなる傾向にあります。
溶接棒はコベルコのイルミナイト系ですね。
強度を求める時は、コベルコのLB52か日鐵のL55がお勧めです。
D5016低水素系です。
少し使い辛いかもしれませんが強度はいいですよ。
追加します・・・電流が低いと記入しましたが4ミリの場合で記入しています。
3.2ミリなら適正と思います。
あと、溶接棒の乾燥状態ですが、乾燥機未使用ならプラス5A~10Aで溶接すると着きやすいですよ。
乾燥機使用できれいに乾燥した状態なら適正電流でOKです。
適正電流は溶接棒の箱に記載されています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する