ここから本文です

筋肉痛のうちは筋トレしないほうがいいですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kcdxm807さん

2009/5/3003:50:00

筋肉痛のうちは筋トレしないほうがいいですか?

最近ジムに通い始めて、筋トレしています。
筋トレした次の二日間は筋肉痛です。
なので筋トレを中二日のペースでやっているのですが、筋トレ間72時間の間隔をあけていることになるので、休みすぎのような気がします。
また、日曜日が休みのジムなので、中二日を守ると週二回しか出来ません。(月曜と木曜)
なので週三回にしようと思っているのですが…筋肉痛のうちは筋トレしないほうがよいのでしょうか。

ちなみに胸、背中、肩、腕、下半身を一日で一種目づつやってます。
15回×3セットです。

補足15回×3セットでやっていますが、これを完走できれば次からは重量を上げるようにしています。
15→7→6って具合に完走できない場合は重量据え置きです。

閲覧数:
35,879
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

celerond320さん

2009/5/3004:03:27

結論から言えばしないほうが良いです。

重いバーベルを何回も持ち上げれば筋肉はすり減ります。
すり減った筋肉をより回復させようと炎症を起こすから筋肉痛がおこると言われています。
つまり筋肉痛の間の筋トレは回復を邪魔していると考えられています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベストアンサー以外の回答
1〜5件/9件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/6/321:51:03

確かに筋肉痛があるうちはやらないほうが良いですが、トレ時間が確保できないなら、すこし筋肉痛があってもやったほうが良いと思います。でも分割法を考えれば週3日でも筋肉痛のある場所をやらないで大丈夫だと思いますよ。
1日で全部位というのは少し効率が悪いと思います


まあミスター日本の合戸さんみたいに50近いのに異常な高重量で長時間やっていてもオーバートレーニングにならない人もいますけどね笑

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

natukiti31さん

2009/6/317:13:24

みんなもっとやってるでしょう。
強くなった人のはなしの上昇途中の理論と現在の理論がごっちゃになって話される場面がおおいです。
中2日は外国人の物凄い重量を 薬物とかをつかいながらすごいテンションでやっている人の話ではないのでしょうか。
プロレスラーや 相撲取りや オリンピックの選手は
3セットなんていう量で 2日もやすみなんていって強くなるのでしょうか。
全部で15セットですよね。 一日おきでもできませんか。 使用重量が大きくなれば スプリットを考えても良いともいます。
15回レップにこだわらずいろんな可能性も探るほうが良いと思いますよ。
セット数も その人によって得意な部位とか 強化したい場所がでてきますのでいろいろ変化していくのが普通ですね。種目なんかも他のものも試すと良いですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fei_zanさん

2009/6/112:57:41

あくまでも自分の体験談でお話をします。
「乳酸蓄積」は12~15レップ出来るウエイトで3秒で上げて5秒で降ろすようにゆっくり連続的に負荷をかけます。
その結果、疲労感が残ることが多いです。
「筋肉損傷」は6~8レップ出来るウエイトで1秒で上げて2秒で降ろすように負荷をかけます。
高いパフォーマンスが得られたときには筋肉痛が残ります。
どちらも重さや回数を上げることはあくまでも目安で、オールアウトすることが目的です。
(もうこれ以上あがらないという状態です)
筋トレを始めてどれくらいですか?
始めて1~2ヶ月の間は軽い負荷でも筋肉損傷がおこり、とんでもない筋肉痛におそわれる人もいます。
さらにオーバーワークになると低血糖の症状も現れる場合があります。
特に1ヶ月目は高ウエイト、高レップは我慢して、フォームと呼吸のチェックに費やすほうが無難です。
(辛くなっていちばん投げ出したくなる期間です)
私の場合、ガンガンに筋肉痛のときはその部位は筋トレしません。
十分なパフォーマンスを得られないし、腱や間接を痛めれば長い休養を余儀なくされます。
ここちよい痛みになったときに違和感がないか確かめながら負荷をかけるようにしています。
何ヶ月も筋トレを続けていると、ガンガンに強い筋肉痛になるほどのパフォーマスを得ることが難しくなります。
そうなるまで休み休み行ってはどうでしょうか?
筋肉は負荷をかけた後の休養時に大きくなるものです。
休養も筋トレの一貫ですよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

heruryomaさん

2009/5/3119:06:14

「筋肉痛」ですが、その痛みのメカニズムですが、実はよく分かっていないのです。
仮説として、幾つかのものがあります。「・・説」は便宜的に使用しています。
・「乳酸蓄積」説。運動をすると筋肉への酸素供給が間に合わなくなり、そのエネルギー源(グリコーゲン、ブドウ糖、脂肪)が不完全燃焼を起こし燃えかすの乳酸が筋肉中の毛細血管に蓄積されます。乳酸が新たな酸素供給を阻害、さらに神経を刺激する為とするものです。
・「筋肉損傷」説。過度な運動で筋肉はミクロレベルで損傷し炎症を起こす事によって痛みを感じるとするものです。
※:前者は乳酸のPH(ペーハー)値の変化は実証されていますが、何日も血中に留まっているものでもありませんので、「時間」的には説明出来ない点もあります。
さらに「筋肉痛」が一様でないのが、それが「筋トレ」の未熟さ故のサインである場合もあり、また熟練者の過度な「オーバーロード」のサインである場合もあるからです。
さて、ご質問の「筋肉痛」中の「筋トレ」ですが、コメントを述べさせて頂きます。
・「筋肉痛」の起こっている部位は「休息」をとらせる必要があります。
「筋トレ」による「超回復」(筋肥大化)は筋力トレーニング後24~48(72)時間位の休息をとる事によって筋力トレーニング前よりも筋肉の総量が増大します。
※:ここでも注意ですが、冒頭理由から「筋肉痛」=「超回復」即「筋肥大化」でもありません。「目安」と考えて下さい。
ですが、「筋肉痛」が「筋トレ」の結果であるならば、その損傷部分の回復を待つべきです。副次的な理由ですが、「筋肉痛」を起こしている部分を使った「トレーニング」では、どうしてもその部分は100%のパフォーマンスを発揮出来ず、結果別の部分を痛めてしまうという二次的故障が起こってしまう事もあります。
また、その損傷部分の回復を待たずに使ってしまうと損傷が深まるばかりです。

では、24~48(72)時間トレーニングの間隔をあけるかというと、そうではありません。
・「トレーニング」の効率化を図ります。
基本的には「上半身」「下半身」に分けます。
月曜日「上半身」火曜日「下半身」水曜日「有酸素運動」+「休息」木曜日「上半身」金曜日「下半身」土曜日「有酸素運動」+「休息」日曜日「完全休息」
この例では週4回「筋トレ」を行う事が出来ます。「上半身」を次に使うまで72時間あります。要は「筋トレ」に使う部分を分けて次に使われる時間までの時間を稼ぐ訳です。
以下参照。
http://www.cramer.co.jp/training/rest_3.html
回復が早ければつめても良いし、細分化すれば、毎日でも可能ですね。

実際問題ですが、
一日一種目というのは少し絞りすぎでは。
一部分だけ酷使して他が使われていない状態です。
やはり最初は1日目「上半身」2日目「下半身」という様に満遍なく行って下さい。
一日一種目「胸」→「背中」→「肩」→「腕」・・との事ですが、例えば「胸筋」を鍛える「筋トレ」にせよ背中、肩、腕も使う訳ですから。
次に回数ですが、(これ以上出来ないという)限界回数を「レップス」と言います。
限界回数:「13~20以上」ㅤ「軽い」ㅤㅤㅤ「筋持久力アップ」
限界回数:「06~12」ㅤㅤㅤ「やや重い」ㅤ「筋力・筋肉量アップ」
限界回数:「01~05」ㅤㅤㅤ「重い」ㅤㅤㅤ「最大筋力アップ」
現在15レップス3セットとの事なので、
先ずはセット数を増やし、慣れてきたらレップスを減らす方向で「負荷」(ウェイト)を大きくして取り組んでみて下さい。
「筋肉」の材料・栄養を補給する事は言うまでもありません。
以上、ご参考まで。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/5/3023:25:10

完全に筋肉痛が無くなってから再開、というやり方で
レベルアップしているひとは少ないと思います。
(これは上級者になればなるほど当てはまるハズです)
セオリーというか、ロジックでは確かに筋組織の修復期間なので、
「やらない」って言ういい方になるんですけどね。

実際は70、80%くらいで次へ、って言う人が多いんじゃないかな。
自分も完全に無くなる一歩手前でやることがほとんどだし。

バルクアップの時は少しでも「追い込みたい」っていう心理がありますからね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する