ここから本文です

喪中について質問です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

takuma01262001さん

2009/6/1318:11:59

喪中について質問です。

四月に母が亡くなり、今週四十九日が過ぎました。四十九日の期間は父にもあまり外に出るなと言われ、ほとんど外出せず家にいたのですが四十九日が過ぎ私が遊びに出かけたら、祖父に今年一年は喪中なのだから極力外出は避けろと怒られました。父に聞くと四十九日が過ぎたのだからもう普通の生活に戻ってもいいとのこと…
どちらが正しいのでしょうか??私個人としてはいろいろ出かけたり遊びにも行きたいのですが、祖父の言うこともわかるような気がします。
みなさんのアドバイスを参考にしたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m

閲覧数:
805
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/6/1318:16:14

普通にしてて良いと思いますよ。

祖父に、何か注意うけたら、『そうだね。気をつけるね』と軽く流せば良いかと思います。

仏教では、仏様となり、49日であの世にいかれるとあり、法要も済んだのなら、
普段の日常で良いかと思います。

ただし、年賀は、控えます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/6/1318:33:01

不信心な回答と思われるかもしれません。ご容赦ください。

家族の中で、納得できる状況にて穏やかに過ごせば良いと思います。

理由なんですが、長くなりますがおつきあいください。

会社員をしておりますが、皆さんの出身地や宗派が異なるため、大小様々な違いが存在します。地域的でなおかつ宗教的な習慣なので、大雑把な仏教徒である日本人にとって宗派による細かな差や地域による文化の違いまでは、理解や吸収などはできません。

たとえば「おくりびと」という映画で納棺師という職業にフォーカスが当たりましたが、私の地元の納棺師さんは、たしかに化粧などはしてくれますが、地域の風習として、納棺自体は親族などで行います。

四十九日についても、私の家でお世話になっているお寺さんの話では、四十九日で魂は、道のりの半分を進む。さらに四十九日かけて、さらにもう半分を上って、目的地に到達する。という内容で説明していたように思います。

ですので、
葬儀 → 最大限 喪ですよね。
初七日 → こちらも、しっかりと喪
四十九日 → これをすぎると、対外的には、喪であることを理由にしなくなる。
百日? → 家族の中では、このあたりまでは、大人しく。
年末年始のご挨拶 → 喪中の挨拶で、新年のおめでたい挨拶は無し

という感じに考えています。

遊び歩くという内容がいまいちピンときませんが。
真面目に信心深ければ、たしかにあまり外出したりしない方で考えるかもしれません。

極力外出を控えるという意味で思いついたのは、こんな感じです。
よその家にご迷惑をかけないという意味では、結婚式などへの招待などは
よく考えて返事をされた方が良いと思います。
自分なら、招待していただいた本人とご両親には、参加について喪中である旨を伝え
気にされる方がいらっしゃるかは、お伺いをたてると思います。

以上です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/6/1318:25:42

私も、おじい様の気持ち分かります。一周忌が終わるまでは、遊びに行く回数を少し減らしたら?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する