ここから本文です

60歳を過ぎた後の社会保険料について質問です。 社会保険料には国民年金部分と...

pjkkk715さん

2009/7/814:52:21

60歳を過ぎた後の社会保険料について質問です。
社会保険料には国民年金部分と厚生年金部分(報酬比例部分)が含まれていますが、将来受け取る年金にどのように加算されますか?

18歳から62歳まで転職せず、今現在も勤めている会社で働いてきました。この先も辞めることを考えていません。
国民年金については40年加入ということになると思います。(20歳から59歳まで)
厚生年金については上限が無いはずなので保険料を納めた分だけ将来受け取る年金に反映されることになると思います。
18歳と19歳のとき、それと60歳以上になってから納めた国民年金部分は厚生年金部分(報酬比例部分)に加算されたりはしないのでしょうか?掛け捨てですか?
ついでになんですが、今、厚生年金の報酬比例部分をもらっています。退職後、社会保険事務所に年金の増額の申請などは個人がしなくていいのでしょうか?

閲覧数:
1,508
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jinjikanribuさん

2009/7/815:30:53

国民年金保険料の納付年齢は、ご指摘のとおり20歳からですから18歳・19歳では被保険者ではありません。厚生年金保険料のみが納付されています。同様に60歳以上の「厚生年金保険料」は厚生年金保険料のみが加算されていきます。

質問した人からのコメント

2009/7/8 20:54:32

ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kappa_nkさん

2009/7/815:58:33

少々勘違いされていらっしゃるようにも思えますので・・・・その部分も含めて回答します。

>国民年金部分と厚生年金部分(報酬比例部分)が含まれていますが、・・・
>それと60歳以上になってから納めた国民年金部分は厚生年金部分(報酬比例部分)に加算されたりはしないのでしょうか?掛け捨てですか?

厚生年金は国民年金部分も支払っているのではなく、単に国民年金の年数ァウントを継続しているとされる・・・という意味です。
従って、60歳過ぎの厚生年金加入し保険料を支払っていても国民年金保険料を支払っているわけではありませんから老齢基礎年金(国民年金部分)の加算はありません。同様に20歳未満もです。
*老齢基礎年金は40年の満額を受給されることで、国民年金保険料をプラスして支払っていませんので加算はありません。このため掛け捨てする保険料は支払いしてないのです。

厚生年金保険料は、経過的加算処置として65歳に老齢厚生年金の受給を申請すればこの分も加算してもらえます。特別に増額の申請をしなくても大丈夫です。但しどの部分が入っているかは申請時にデータ表を渡され説明があるはずですから、その際に確認してください。
*普通は65歳になる直前(同じ月)に老齢基礎年金と一緒に老齢厚生年金の受給申請をしてください。これを忘れますと社会保険庁は申請主義ですので知らんぷりされます。ご留意ください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する