ここから本文です

解剖に強い方教えてください。 『腎尿細管における対向流増幅係について』 とい...

質問者

zidann2004jpさん

2009/10/707:43:44

解剖に強い方教えてください。
『腎尿細管における対向流増幅係について』
という課題でレポートがでたんですが、教科書やうwebなどを見ても腎尿細管における対向流増幅係がどうゆことなのかわかりません。

腎尿細管における対向流増幅係について、わかる方がいたら教えてください。
お願いします。

閲覧数:
2,785
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p_bozeさん

編集あり2009/10/719:23:28

まず、尿細管のヘンレループは下行脚→上行脚の順で尿が流れていきます。上行脚と下行脚は隣接しており、そして、下行脚の細胞膜は水に対して高い透過性を持ちます。
下行脚に入ってきた尿(正確には原尿)は、間質のほうが浸透圧が高いため水分は間質側に移動します。しかも、後述しますが、間質のイオンの濃度は上行脚からのイオンの移動のせいで高くなっているため、下行脚の給水力は高くなります。
次に上行脚に尿は流れ込みますが、NaイオンやClイオン濃度は管腔側が高いため、自然と間質側にイオンが移動します(エネルギーを使うものもありますが)。こうして上行脚を通過するころには管内の尿は低張なります。低張になった尿は集合間でさらに水分を吸収されていきます。

例えばヘンレループが下行脚のみだったとすると、水分は吸収されますが浸透圧の関係から吸水力には限界があります。また、上行脚だけだった場合、イオンは吸収されますが水分が吸収されないため生体はすぐに脱水状態になってしまいます。下行脚と上行脚とが組み合わさってイオンと水分の吸収を行っているわけになります。
これが対向流機構の仕組みです

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する