ここから本文です

コンクリートとモルタルの違いって何ですか?

sizen3000mizuさん

2009/10/2714:30:59

コンクリートとモルタルの違いって何ですか?

意味を調べたら
コンクリート=セメント、砂、砂利を水で混ぜたもの
モルタル=セメントあるいは石灰と砂とを混ぜて水で練ったもの
何だか似ています。セメントは石灰を主成分とする物らしいのでよけい違いがわかりません。
昔の建築物に木造モルタル等の言葉があり知りたくなりました。
詳しくないので教えて下さい。

閲覧数:
189,662
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/10/2716:10:45

セメント+砕石・砂で固めたモノが「コンクート」で強度を求めたもの。
モルタルはセメント+砂でソフトにして、仕上げに使うもの。

使うセメントの粉は同じ。
左官屋さんがコテで塗ってるのは、軟らかそうでしょう?仕上げに使うからです。

木造モルタルは木造住宅の壁にモルタル塗りして、見た目にコンクリート風の外観にするんです。
ナンチャッテ仕上げですね。いまじゃ見慣れて、木造住宅にしか見えませんが、大昔は高級感があったんですよ(笑)
それまでは、住宅の外観は木の板かトタン板しかなかったんですから。
コンクリで建てるのはビルだけ。高級な家はレンガ造りでした。

木造住宅で外側を薄っすらモルタルといわれるコンクリで作ると、火に強いでしょう?な~んか頑丈そうに見えたんです。
いまのように外壁材がなかったころは、最高の仕上げだったんですよ。

質問した人からのコメント

2009/10/27 16:24:44

成功 素人の私でもとてもわかりやすい解説~!と思ったこちらの方にBAさせて頂きました。
他の方もありがとうございました。

「モルタルとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hanabi10915さん

2009/10/2715:21:47

セメントは石灰石を焼いて作った消石灰というもの(身近なものでいえば、グランドのライン引きに使用していた白い粉)です。
これに水と細骨材(一般的にいう砂)を混ぜたものをモルタルといいます。
このモルタルに粗骨材(一般的にいう砂利)を混ぜたものをコンクリートと呼びます。

骨材(砂・砂利)の分類は次のとおりです。
細骨材・・・骨材を10㎜の網目のふるいにかけたとき、すべて通り抜けて、さらに5㎜のふるいにかけたときに容量の85%が通り抜けたもの
粗骨材・・・骨材を5㎜の網目のふるいにかけたとき容量の85%以上がふるいの中に残ったもの

イメージとしてはコンクリートは鉄筋コンクリート造の柱や壁などに使用したり、木造でいったら基礎の部分がコンクリートでできてますね。
モルタルを使うのは、たとえば、ブロック塀のつなぎ目や、タイルなどを敷くときの下地に使われています。

ただ製造段階で骨材だけでなく、混和剤(材)や減水剤と呼ばれるものなんかも入れたりしますし、セメントにしても、コンクリートにしてもたくさんの種類がありますので、なかなか一言で説明するにも奥が深いものです。

ちなみにコンクリート(concrete)とは「一緒に作り出す」という意味の英語で、異種の材料が複合してできた複合材料を意味します。

編集あり2009/10/2715:35:31

一般的にコンクリートとモルタルの違いは、(粗骨材)砂利又は砕石のような石が入ってるかどうかです。
砂とセメントと水を混ぜたのが一般的にモルタルと呼ばれています。
モルタルに粗骨材を入れればコンクリートです。
コンクリートに混和剤などを入れると俗に言う生コンになります。
用途により、使い分けています。
ちなみに、アスファルトも正式にはアスファルトコンクリート(アスコン)と言います。
面倒なので、細かい事は省きます。
木造の外壁材にモルタルを塗ったのが木造モルタルです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。