ここから本文です

式典 舞台配置の不思議

質問者

happikurukurukurumayasanさん

2009/11/3009:00:33

式典 舞台配置の不思議

数百人の大きな式典などの会場では、
舞台に向かって右が来賓席、左が主催者席
に設定されるのが一般的です。
たまに逆もありますがそれはさておいて。

舞台上に国旗を含む二枚の旗を掲揚する場合には、
国旗が左、団体旗が右が多くみうけられます。
これもたまに逆がありますがそれはさておいて。

一つの舞台設定で、
二つの左右の価値観か混在しているというのは、
どうも納得できません。
左を上位として国旗を配置するのであれば、
来賓席も左側に配置すべきかと思いますが、
いかがなものなのでしょうか。

閲覧数:
4,624
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ddjellyfishさん

2009/11/3009:13:20

天皇皇后両陛下の出席された式典の写真をご覧になってみてください。

向かって左に天皇陛下、右に皇后陛下
向かって左が主催者(下手)、向かって右が来賓(上手)になっています。

片方からだけ見た場合は、舞台上と舞台下では左右が逆転するんです。
これは両者が向かい合っているためで、当事者としては「右が上・左が下」で統一されています。


そもそも国旗と団体旗を併揚すること自体はどうよ……という意見もありますが、
並べて掲揚する場合は「下手から舞台に上がって、まずは国旗に挨拶する」という配置でもあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する