ここから本文です

クマは共食いする動物ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

aa19547316さん

2009/12/1008:52:22

クマは共食いする動物ですか?

ニュースでホッキョクグマが気候変動の影響で餌が減少し、共食いをはじめたというのを見ました。

ツキノワグマとかヒグマはどちらかというと木の実とかを食べる動物で、
ホッキョクグマはもともと動物性の餌を食べるとWikipediaには載っていました。


そのニュースからは、気候変動と共食いの因果関係は何も説明されておらず、
なんだか腑に落ちません。
ホッキョクグマはもともと共食いをする動物なのですか?
それとも、本当に気候変動の影響ということが証明されているのでしょうか?

変に危機感を煽るようなニュースだと思いました。

閲覧数:
2,359
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wa_ta999さん

編集あり2009/12/1017:51:28

えーとですね、
生物というのは
通常は同種同士の共食いを避けるようにします。
ですが、極限状態は別です。同じ種類だろうと、自分の命を繋ぐために、仕方なく襲います。これはクマに限らず、他の肉食動物や、昆虫、人間などにも言えることです。

なので、普通は仲良く一緒の場所でも生活できますが、飢えると共食いすることがあります。これは望んで共食いしているのではなく、仕方なくやっているのです。
たとえばhttp://sankei.jp.msn.com/world/china/071124/chn0711241038001-n1.htm餌不足でトラが共食い、中国の動物園

人間だって、戦争で自分の命が危なくなったら、仕方なく人間同士でも殺し合いますよね?一緒です。
同種族で殺し合いをするのは、無駄が多く、本能で出来るだけ回避しようとしますが、自分の命が危なくなったら別です。

(他の方が挙げているので、自分の子孫を残すために仕方なく子供を殺したり食べたりする行為に関しては触れません)

要するに、「もともと共食いをするような動物」ではありません。
「気候変動の影響」というのは、その通りです。氷が減ったことでアザラシを獲りにくくなっているのは事実で、ホッキョクグマの個体数が確実に減ってきています。ただし、「地球温暖化の影響」や「人間の活動の影響」であるかは、証明できません。はっきり言って、証明するのは不可能です。

民法の番組によるニュースは、ネタ重視です。環境問題の事に関してははいつも、最後に「地球温暖化の影響だ」という結論に結び付けようとします。私たちから見ると、かなり馬鹿馬鹿しいです。馬鹿丸出しです。ですから、民法の番組の環境問題関連のニュースは、あまり深く考えずに「聞き流す程度」で見ることをお勧めします。民法のアナウンサーや解説者など見てて「こいつ馬鹿じゃないの?」って思うことってよくありますよね?その情報を信じるか、信じないかはあなたが決めなくてはなりません。自分自身で、真実を見極めてください。

質問した人からのコメント

2009/12/17 09:13:46

降参 みなさんありがとうございました。分かりやすくご説明いただいたwa_ta999さんにBAを差し上げたいと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベストアンサー以外の回答
1〜4件/4件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kooklololoさん

2009/12/1018:09:16

オス熊は、けっこうを小熊をおそったりするそうです。

このため母熊にとって、オス熊は子育ての時期に1番危険な存在となっています。

母熊は子供を守るため、オス熊とかなりの乱闘もします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/12/1016:57:10

ボクは小学生でしゅが…

ホッキョクグマに限らず、クマは共食いが当たり前でしゅよ。
北米のように2種のクマが混在しゅる場所では、大型のハイイログマが小型のアメリカクロクマを食べて、アメリカクロクマがハイイログマの子を食べるのは日常のことでしゅ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

orusariyoさん

2009/12/1016:02:21

この人気ブログに
「ショッキング!ホッキョクグマが共食い!?のウソ・・・」
というタイトルで関連することが書いています。

http://ameblo.jp/fukeiki01/entry-10407564013.html

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

monchi7851さん

2009/12/1010:46:00

オスのホッキョクグマが子供のホッキョクグマを襲うことはよくある話です。

このニュースでは気候変動との関連性を指摘していますが、根拠付けは何もなされておりません。
とくに北極は食料の入手がもともと困難な地域なのであまり関連性はないと思われます。

時期的にCOP15も開催されていますし、衝撃的な写真を掲載することによって
地球温暖化を煽るプロパガンダの可能性が非常に強いと思われます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する