ここから本文です

解決済みのQ&A

有意水準について… 有意水準5%と1%では何が違うのですか!?

pwuwqさん

有意水準について…
有意水準5%と1%では何が違うのですか!?

  • 質問日時:
    2010/1/13 19:49:58
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2010/1/14 00:33:15
  • 閲覧数:
    3,818
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

elgoad4qmaさん

帰無仮説を棄却する基準が違います。

有意水準が高いほど帰無仮説が棄却されやすくなります
(逆に言うと、帰無仮説が正しくても誤って棄却してしまうこと: 第一種過誤 の可能性が高くなります)。

有意水準が低いほど、帰無仮説が棄却されにくくなります
(逆に言うと、帰無仮説が誤っていても、帰無仮説が棄却されないこと: 第二種過誤 の可能性が高くなります)。

医学実験のデータなど、厳密な違いを求める場合には有意水準を低くします
(0.1% といったレベル)。
逆に、「このサイコロはイカサマかも...」といったちょっとした疑問を解決するならば
5% 程度にするのが適当かと思われます。

質問した人からのお礼

  • とてもわかりやすいです。
    ありがとうございました!!
  • コメント日時:2010/1/14 00:33:15

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

dorry_greatさん

厳密性の問題だと思います
ちなみに1%のほうが厳密に調べたい場合に有効だった気がします

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する