ここから本文です

自転車や登山、トレランなどで使う衣類の素材で、PERTEX MICRO という素材は、耐久...

anznoさん

2010/1/1610:52:50

自転車や登山、トレランなどで使う衣類の素材で、PERTEX MICRO という素材は、耐久性はどうなんでしょうか?傷つきやすく破れやすいのでしょうか?PERTEXのホームページを見ると凄く良い素材のようですが、

本当に透湿通気性があり防風効果も体感できるのでしょうか?
ご存知の方、使用されている方、教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
831
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/1/1619:49:32

自分の経験ではいくつかしかPERTEX素材を体験してませんが、
一番の特徴は、ナイロン66特有の滑らかな肌触りだと思います。
特に、ダウンなどのインサレーションウェアの内生地に
使われているイメージがあります。
極薄でしなやかで、織りが密なので羽毛の飛び出しにも強いようです。

薄さの割には、デリケートさは無く、強いのだと思いますが、
耐久性の点だけで言うと、バリスティックナイロンの方が強いでしょうし、
リップストップ構造の方が耐引き裂きにも効果がありそうです。
コーティングをしていない密な極薄生地なので、
透湿性が高いのは他の繊維と同じだと思います。
防風性はコーティングされたものには劣るでしょうね。
また、しなやかさの裏返しかもしれませんが、
透湿性は高くても、肌が汗ばんだ時には蒸散が追い付かず
肌にしっとりと張り付きやすいイメージがあります。

日本で出回っているPERTEXの多くが、
インサレーションウェアに使われているところからして、
単体でシェルジャケットにするには強度が足らず、
大量の発汗に対応できる速乾性は期待できない
素材なのではないでしょうか?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する