ここから本文です

松下幸之助さんは、創価学会員ですか? いつ頃、入信されたのですか?

kuntuoooooさん

2010/1/3120:44:07

松下幸之助さんは、創価学会員ですか?
いつ頃、入信されたのですか?

閲覧数:
9,811
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zoprlmgeqさん

編集あり2010/2/123:16:02

>『人生問答』松下幸之助・池田大作(上下2巻、潮出版、1975年)

↑という本が出版されて18年後、松下幸之助さんは、「縁、この不思議なるもの」(PHP文庫)を著しています。松下さんが生涯に出会った方々の中から自分に影響を与えた人物として20名を選出し、報恩の思いをこめて綴った書です。

↓同書に登場する20名の方々です。(池田大作氏は選外)

・五代音吉さんご夫妻
・五代五兵衛さん
・山本武信さん
・岡田悌蔵さんご夫妻
・加藤大観さん
・坂口保雄さん
・野村吉三郎さん
・石田礼助さん
・金井武雄さん
・石坂泰三さん
・米倉近さん
・石田退三さん
・江崎利一さん
・久保田権四郎さん
・太田垣士郎さん
・池田勇人さん
・久原房之助さん
・立花大亀老師
・松永安左ヱ門さん
・(ご)両親

私の書き込みに一部ミスがありましたので訂正します。

>↑という本が出版されて18年後、

ここのところ、正しくは、「8年後」でした。どうもすみません。
この作品は、1983年7月にPHP研究所より刊行された「折々の記」を改題したものです。
松下氏は当時で88歳。こちらの年譜に出ています。
http://research.php.co.jp/matsushita/history/history5.php

88歳の松下氏の言辞を紹介します。

立花大亀老師について、

>>禅宗といえば、よく知られている通り、日本の仏教の代表的宗派の一つです。最近では欧米諸国の人びとのなかにも、これに関心を持つ人たちが相当増えてきているようですが、この禅宗のお坊さんで、いわゆる高僧といわれるお一人に、立花大亀老師という方がおられます。(略)この例のようにぼくは、折々に立花大亀老師の一言一言に教えられ、考えさせられてきました。それはぼくにとってほんとうにありがたいことで、これからも老師とのご縁を大切に、機会あるごとにいろいろ尋ね、教えを受けていきたいと願っているのです。<<

これが、学会員さんの(なろうとする人の)発する言葉でしょうか?

そして、この事実。 (松下さんは学会員じゃないでしょう)
法名(浄土真宗)
http://jiten.biglobe.ne.jp/j/7f/48/b8/b7801e11afb378d53a4a73e5d6124...
宗派により異なるが、所属する手次寺の住職選定による法名であれば、法名に俗名から一字用いる事が可能である(例…松下幸之助…「光雲院釋眞幸」・池波正太郎…華文院釋正業)。本山選定による法名は、 正依の聖教の中から二字とも選ばれる。

質問した人からのコメント

2010/2/4 21:07:59

成功 皆様の回答はとても勉強になりました。
皆様本当に有難うございました m(__)m

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sgi_515_2109さん

2010/2/100:51:33

松下氏が創価学会に入会されたのは松下電器・相談役を降りられて後です。

松下氏を池田氏に引き合わせたのは九州松下電器社長をしていた人物で、彼を通して知り合ったのが始まりです。
(これは九州松下電器社長の学会体験談レコードに収録されたものからの情報より)

池田氏が海外指導や当時国内および、海外でよく開かれていたSGI文化祭等に出席するとき松下氏も積極的に池田氏に随行されておりました。

私が承知しているのはアメリカで日本の青年部総会を開いたときにも池田氏に随行して一言挨拶をされようとされたエピソードで、松下氏は遂行から帰国すると、現地でのsgiの模様を松下傘下の工場の視察の折、体育館に集められた従業員によく話ていたようで、知り合いの松下社員からの話を聞くことがありました。

松下氏は実業家として活躍していた時代、全国の神社仏閣への布施供養をよくされていたようで、檀家総代をされていた団体などもあり宗教活動の範囲は創価学会一辺倒ではなかったようです。しかしながら松下氏は創価学会への入会を強く希望されておられたようです。池田氏は松下氏の社会的影響力などを考慮して入会を受け付けなかったようです。それには松下氏の作られたPHP研究所との関係などもあったようで、松下氏の創価学会入会への意思を知って、PHPはわれわれに対しての裏切り行為だとひどく憤慨したというような話も聞きます。つまり松下氏の置かれた立場が私人でなく公人としての立場であったための配慮として入会が長らく認められなかったというものであったということです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/1/3121:57:11

松下幸之助は創価学会員が邪宗としていた宗教の一つ弁天宗という教団の総代でした。
弁天宗は創価学会のような強引な勧誘はやらない教団です。

対談の内容は
『人生問答』松下幸之助・池田大作(上下2巻、潮出版、1975年)でわかると思います。
http://research.php.co.jp/column/s_07/thinker/028.html
ただこれは往復書簡でなされたものなので、本当に池田大作と対談したかは定かではありません。
尚、根拠のない「伝聞」も多い「対談」です。
たとえば、松下氏が池田大作に「私のお父様と呼ばせて欲しい・・・といわれたそうです」とか
「松下幸之助氏は池田名誉会長に対し松下塾の総裁の要請をされたそうです」とか。
松下氏が素晴らしい方だけに、いろいろとオヒレハヒレが付くようですね。



余談ですが・・・・
松下氏と池田大作の対談があったとされる時期は、創価学会は今よりうんと激しい折伏をしていた時代です。
でも、さすがの池田大作も有名人相手には、折伏もできず「謗法与同」をしてしまったわけですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/1/3121:06:58

松下幸之助さんは創価学会員ではありませんが、理解者です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する