ここから本文です

第一生命のことで質問します。リード21を30年かけています。その間勧められて見...

to52shiさん

2010/2/2822:52:01

第一生命のことで質問します。リード21を30年かけています。その間勧められて見直しとして平成4年に10年更新型に書き換えました。当初支払い満了時の老後設計資金は690万円受け取り予定との話でした。

その後見直しがあって平成4年時には満了時受け取り予定は400万円との話。景気が悪いので少し下がりましたとの事でした。平成14年時は特にその話はなく確かめなかったこちらが悪いのですが今回最終の見直し時期にあたり確かめたところ50万円とのこと!耳を疑いました。まさかこんなに下がるとは信じられない話でした。これなら老後設計資金にもなりません。今までに支払った合計金額は約850万円です。後5年分を含めると支払い金額は1000万円近くになります。終身500万円はありますが初めの話と違いすぎるのであきれています。これは仕方のないことでしょうか?黙ってこの結果を受け入れるしかありませんか?690万円が50万円だなんて腹が立ちます。きちんとチェックしなかったこちらが悪いのですが・・・

閲覧数:
6,493
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

japanmoto1さん

2010/3/100:18:20

加入した当時はほぼ加入の殆どが終身保険だったのでしょう。また配当金もプラン上は過去の最高額で計算されていたはずです。
つまり見た目夢のような保険だったと思えます。配当金については何ら保証されていませんので今の時代の運用は悪化の一途で
すので無いのが普通です。さらに見直しと称して転換契約をされその度に保険自体がリセットされたのです。これは担当者の責任
です。メリットだけを強調して加入者のデメリットを説明しなかったためと思われます。しかし問題はプランの全てを提示された中から
選び、加入者側はその知識も無かったためです。あなたのような人は非常に多く存在していると思われます。過去から今での
生命保険のイメージは仰るように騙された、後悔するなどで悪化しています。生命保険自体間違わなければそれほど悪いものでは
ありません。終身保険そのものであれば若い時期に加入すれば一定額を一定期間支払い一生涯保障、定年程度に解約しても
支払った保険料総額以上戻る場合も多々あります。問題は前述のように担当者とあなたの知識不足なのです。生命保険はそれほ
ど難しいものではありません。過去少しでも契約の中身を知る努力をしていればこのようなことが起きなかったのですが残念ながら
全ては手遅れとなります。ですのでまずは無駄な、不要な特約を減額、解約しましょう。そしてお子さんがいればぜひ生命保険の
最低限の知識を持つようにアドバイスしましょう。少なくともお子さんにはあなた方と同じ後悔をさせないようにしましょう。

質問した人からのコメント

2010/3/1 22:21:52

回答ありがとうございました。すべて納得です。助言の通り早速内容の見直しをします。高いお金を払って一つ勉強したと思うことにします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する