ここから本文です

解決済みのQ&A

溶接 フラックス入りワイヤ

yukio30kさん

溶接 フラックス入りワイヤ

フラックスとは何ですか?

宜しくお願いします。

  • 質問日時:
    2010/3/2 11:53:03
  • 解決日時:
    2010/3/4 11:46:03
  • 閲覧数:
    1,561
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

s_arumu_iさん

金属の表面は、鉄、アルミ、ステンレスいずれにおいても表面は酸化皮膜(錆)が起こっています。溶接やロウ付け時の加熱により酸化が更に進行します。溶接は母材、溶加棒ともに脱脂し表面の酸化膜を除去するのが正式なので通常はワイヤーブラシを掛けるなどして表面の酸化皮膜を取り除いて作業します。その中でもフラックスは表面皮膜の除去と溶接時の酸化防止を同時に行なう便利グッズです。ただしフラックスにも種類がありますので材種、溶加棒によって使い分ける必要があります※蛇足ですがアルミや薄鋼材など過熱すると穴があいてしまう材がありますが材の表面酸化膜の溶ける温度は母材の溶ける温度よりも高いので表面酸化膜を除去せずに溶接を開始すると表面が溶け出したとたんに材料に穴をあけてしまいます。

質問した人からのお礼

  • 成功勉強になりました。ありがとうございました。
  • コメント日時:2010/3/4 11:46:03

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

bulldog5_26さん

フラックスとは例えば半田にも同じ物が有ります。
簡単に説明すると、付けようとする物(金属)同士の密着性を良くする
為に各ワイヤーの中心に入ってる薬だと思って下さい。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する