ここから本文です

解決済みのQ&A

ホーロー鍋は毒が出るときいたことがあるのですが。

naosankaimonoさん

ホーロー鍋は毒が出るときいたことがあるのですが。

本当なんでしょうか。
昔 何かの環境系の本でチラッと見た一文で、そういうのがありました。

ネットで調べても特にでないので、真偽というか、なぜ毒がでるなんてことに

なったのか、その根拠をしりたいのです。よくアルミ鍋だと、アルミの溶出とかアルツハイマー

との因果関係(まだ不明ということですが)などなどでいわれてるんだなとわかるのですが、

ホーローにも何か、人がそう思う何かがあったのかと思ったので。

よく サビのことがネットで質問されてるのですが、どうもそういうものでもなかったのです。
(当時読んだ本では 劣化して云々ではなかったような)

また、テフロンやフッ素加工のものがはがれてきたら捨てた方がいいのでしょうか。

詳しい方よろしくお願いします。

  • 質問日時:
    2010/4/5 17:58:08
  • 解決日時:
    2010/4/20 07:12:12
  • 閲覧数:
    7,887
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

ebichanceさん

ホーローは金属の上に高温でガラス質のホーローをコーティングされたものを指します。
綺麗な赤色を発色させるため硫化カドミウムが使用されており、昭和47年頃に外国製の一部のホーロー鍋の内面からも検出されてそれが問題になったようです。今の日本の規格では鉛やカドミウムを内面に使用してはならないようなので御心配には及ばないでしょう。
また通常の物より酸に強く安全です。ただ鍋を焦がしたりして無理やりこすって傷が付いた所から下地の金属がむき出しになってその成分が流出して悪影響を及ぼすことは考えられますが、今の規格では大丈夫でしょう。
またテフロン加工やフッ素加工も同じで経年劣化により剥がれてきますが、剥がれた物を口にしてもそのまま排泄されるので大丈夫だそうです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2010/4/7 16:13:53
  • 回答日時:2010/4/7 16:09:33

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

ragi531さん

ホーロー製品は、金属製の鍋の表面に釉薬を焼き付けたものです。陶磁器と同じように表面がガラス質で覆われているので、錆びず、腐食に強い性質があります。ただし、衝撃でガラス質が傷つくと、その隙間から浸水して内部の金属が腐食し、有害物質が染み出てくることはあります。
例えば、ホーロー容器で梅干などを保存する場合、容器に傷があれば酸で腐食されて金属イオンが染み出し、金気臭い梅干になることはあります。ただ、それが即、健康被害につながるかどうかは不明です。それ以前に食べなければいいわけだし。重金属が含まれた汚染水などによる健康被害は、長年大量に摂取することで引き起こされています。家庭では、ホーロー製品はていねいに扱う、傷が付いた場合は使用をやめる、こういった注意で十分です。

テフロンやフッ素加工は一種の樹脂コーティングですから、はがれたら新しいものに取り替えた方が使いやすいでしょう。もちろん、そのまま、普通のアルミやステンレスのフライパンとして使用可能です。(ただし、焦げ付きやすい。)

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する