ここから本文です

アルミのダイカスト鋳造品のガス成分分析について、 離型剤等の燃焼によって発生...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kdsfjsakfdjさん

2010/4/806:52:07

アルミのダイカスト鋳造品のガス成分分析について、
離型剤等の燃焼によって発生すると思われる
CO(一酸化炭素)、CO2(二酸化炭素)、CH4(メタン)、
C2H4(エチレン)、C2H6(エタン)、

それぞれのガス成分の発生原因の違いは何なのでしょうか?
ご教授いただければ幸いです。

補足kieros2005さん
ご回答いただき、ありがごうございます。
CO(一酸化炭素)、CO2(二酸化炭素)、CH4(メタン)、
C2H4(エチレン)、C2H6(エタン)、
それぞれのガス成分は、偶発的に発生するものなのか、
それとも、ある工程では、あるガス成分というように、
必然的に発生するものなのか、
つまり、ある工程と発生するガス成分との間に相関関係
があるのか、というところを知りたいと思っております。

閲覧数:
1,194
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kieros2005さん

編集あり2010/4/1120:17:48

溶融アルミは680~700℃ぐらいあります。これが成型マシンを通って金型に注入され、冷却されて、取り出すときに空気に触れます。これらの過程で、金型温度、湯の温度、冷却温度、開放空気温度と空気量などでいろいろ発生するのだと思います。
黒鉛(C)粒子もあるかもしれない。

補足について:
単量体(モノマー)として存在しうるかどうかは確率的な要素がありますが、物質の生成ですからポリマーなら相関関係があって説明できると思いますが、私の知的レベルでは不可能なだけです。

質問した人からのコメント

2010/4/13 20:49:28

降参 偶発的要素が強いのでしょうか?
ウキペディアのCH4の解説に
「炭化アルミニウムに室温で水を反応させて加水分解する。
Al4C3+12H2O→3CH4+4Al(OH)3 」
これから、離型剤(中の水)または空気中の水蒸気と
アルミの反応で発生しそうですが・・・。
ご回答いただき、ありがとうございました。
もう少し検討します。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する