ここから本文です

足首の傷口からのhiv感染の可能性について

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

zhongguoshenghuoさん

2010/6/2122:02:50

足首の傷口からのhiv感染の可能性について

よろしくお願いします。先日マッサージ店で全身マッサージを受けました。性的なマッサージも行う店のようですが、私は服を着たまま全身のマッサージを受け、性的なマッサージは受けていません。マッサージをしてくれた女性は普段は他の客と性的接触があっているかもしれません。私に対するマッサージの時に、その女性の手のひらと私の手のひらをかなり強くこすり合わせるような行為がありました。お互い、手に傷はありませんでしたので、そこからの感染はないものと思いますが、マッサージの後帰宅してからすぐに手洗い液のような液体で手を洗いました。(マッサージ後、手を洗うまで約10分後くらいです)。それからなんですが、私の足にはダニにかまれたあとが数か所あり、そこを手でかきむしってしまっていて、その部分をマッサージから帰宅後、また手でガリガリとかいてしまいさらにかきむしってしまいました。かきむしっているので、出血もしました。心配しているのは、マッサージ後、手を洗ったとはいえ、傷口をさらにかきむしって出血させてしまった行為で、傷口の粘膜を通してHIVに感染してしまわないだろうかということです。このようなことから感染の可能性があるのか教えていただけますか。また検査の必要があるかも教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

補足説明不足ですみません。ダニにかまれた部分はマッサージを受けていませんので、問題ないのではないかと思っています。心配なのは、手洗い液と流水で手を洗ったとはいえ、その後ダニにかまれた部分をかなりかきむしってしまったため、hivが傷口を通して体内に侵入し感染してしまうことがないだろうかという点です。手洗い液と流水で手を洗ったのであれば、手にはhivはついていないと考えてよいでしょうか。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,255
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yossy_dokodaさん

編集あり2010/6/2122:19:23

くしゃみや咳での飛沫感染はありません。
握手しても感染しません。
キスでも感染しません。
同じタオル、食器を使っても感染しません。


では、どのような状態なら感染するか・・・
血液、精液(分泌液)や母乳にHIVは多く分泌されています。感染は、粘膜(腸管、膣、口腔内など)および血管に達するような皮膚の傷(針刺し事故等)からであり、傷のない皮膚からは感染しません。そのため、主な感染経路は「性的感染」、「血液感染」、「母子感染」となっています。

性行為を行う際は必ず避妊すること
万が一、HIV感染者の血液により暴露事故が起こってしまった場合には、2時間以内に抗HIV薬の予防内服を行うことによって、感染の危険性を低下させることができます。
母子感染は、出産時の産道感染、母乳哺育による感染、胎内感染があげられます。このため、母子感染を防止するためには、(1)妊娠初期のHIV検査実施による感染診断、(2)妊娠中の抗HIV療法、(3)陣痛発来前の選択的帝王切開術、(4)帝王切開時のAZT点滴投与、(5)出生児へのAZTシロップ予防投与、(6)出生児への人工乳哺育、などの適切な母子感染予防対策を実施することにより、現在では母子感染率を0.5%未満にまで低下させることが可能となっています。

HIVがTリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)などに感染した結果、これらの細胞の中でHIVが増殖します。このため、免疫に大切なこれらの細胞が体の中から徐々に減っていき、普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、さまざまな病気を発症します。この病気の状態をエイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)と言います。代表的な23の疾患が決められており、これらを発症した時点でエイズと診断されます。


上記のことからHIVはAIDSではありません。AIDSになるかどうかの潜伏期間といったところです。症状が出るには人それぞれです。医薬品、治療の発展もめまぐるしいですから長期間HIVで過ごす患者さんも多くいらっしゃいます。

HIVに感染した後は、(1)感染初期(急性期)、(2)無症候期、(3)エイズ発症期の経過をたどります。感染初期では、HIVは体内で免疫のしくみの中心であるTリンパ球などに感染し、急激に増殖します。このため、感染者は発熱などのインフルエンザ様症状がみられることもありますが、感染者の体内の免疫応答により、数週間で消失します。その後、無症候期に入ります。無症候期は数年〜10年以上続く人もいますが、感染後、短期間のうちにエイズ発症をする人もいます。無症候期の間も、HIVは体の中で毎日100億個くらい増殖しており、Tリンパ球は次々とHIVに感染して平均2.2日で死滅していきます。そのため、免疫に大切な細胞が体の中から徐々に減って行きます。健康な時には血中1μl中に700〜1500個あるTリンパ球が200個未満になると免疫不全状態となり、日頃かかることのない様々な病気にかかりやすくなり、エイズを発症します。


最近では保健所で匿名で検査を実施しています。早期発見早期治療が延命の方法だと私は思います。
正しい知識と理解があれば恐い病気だと私は思いません。感染している本人が一番周りに気を使っているんですから。因みに、日本では輸血による暴露事故でHIVに感染することが多いです。輸血を経験したことがあるなら検査を受けることを勧めます。また、むやみやたらに知らない人と性行為はしないこと(防ぐのも感染者、非感染者である私たちがすべきことです)


他でも回答しました。なので文章があやふやかもしれません。HIV、AIDSに必要な知識です。
大人として知っていなければいけないことだと思います。
今回の場合、担当の方がHIVに感染しているかどうかと、ダニにかまれた傷口がどのような状態でそのようなマッサージをうけたかどうかです。心配なら保健所へ匿名で検査するなりしてください。また、誤ったHIVおよびAIDSの知識をお持ちならばこれを機会に正しい知識をお持ちください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

rjn_saさん

2010/6/2204:51:54

手にHIVがついていたとしても、HIVは空気に触れて感染力を失う性質があるので、洗う前に既に感染力は失われており、感染していることはありえません。

あとそもそも、女性の手に傷がないとのことですが、HIVは血液・精液・膣分泌液・母乳・腸粘液のいずれかの体液を介してしか感染しません。それらの体液が質問者様に付着した可能性が根本的にないように感じられるのですが・・・・。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する