ここから本文です

マジンガーZの最終回にグレートマジンガーが登場しますよね。 グレートマジンガ...

ekusutenndo_endさん

2010/6/2805:11:24

マジンガーZの最終回にグレートマジンガーが登場しますよね。
グレートマジンガーの終盤に、アメリカから兜コウジが帰って来て、 マジンガーZでグレートマジンガーに協力して、敵基地破壊しましたよね。出てきてもマジンガーZ1機じゃあ全く通用しないはずなのですが、少しはパワーアップしたのでしょうか?
最終回だけ見てないのですが、どんな内容だったのでしょうか?
マジンガーZは出てきたのでしょうか?
マジンガーZが多少は活躍できたのでしょうか?

補足劇場版マジンガーZでは、ボロボロになりながらも、戦闘獣をかなり倒していたと思うのですが、やはり劇場版はZが主役でテレビアニメは、次回作のグレートが主役なので、ああいう差が生まれたのでしょうか?

閲覧数:
5,552
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xgwmn414さん

編集あり2010/6/2822:21:36

当時の情報誌によれば外装が超合金ニューZに換装、出力が数倍アップしグレートとほぼ同等になったとされています。
本編はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=d0Pi9gw-u5M

多少どころか少しは遠慮しろくらいの大活躍です。


マジンガーZの強化についてはテレビ情報誌での解説や設定のみで、劇中の具体的な説明はありません。『グレート』最終回における大活躍は自身の本編においての「借り」を返す演出もあるでしょうが、Zを大改造して再び甲児を主人公とした企画案『ゴッドマジンガー』の名残もあるのかもしれません。
当時は甲児とZの支持は根強く、情報誌でも近況報告などの企画記事が組まれていました。超合金やジャンボマシンダーといった関連玩具も継続販売され、『グレート』でレギュラー出演する予定だったという話も頷けます。
製作陣の再編成により大幅にスタッフが変動したこともあり『グレンダイザー』では微妙な立場でしたが、これもまた当時の高い支持を証明します。情報誌では依然Zを駆っての活躍を期待するとの要望が寄せられていましたが、頑としてスタッフは「クルマにハンドルがふたつあるようなもん」としてあくまで甲児はサポーターとして活躍、『グレンダイザー』としての世界観を固持したといい、強いプロ魂を感じさせます。

一考察として参考になれば幸いです。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~zgd/

劇場版はそれだけで起承転結があり、テレビ版はある程度連続性を持たせた、その差異とも思います。
劇場版の場合、一方的に叩きのめされるだけではお話になりませんし、その後にグレートとの交代劇を考慮する必要はありませんのであのような演出になったのでしょうね。映画の演出家はその後展開するテレビのことはまったく考えず演出し、「テレビのスタッフは苦労されたと思います」と述懐されてます。
テレビ版はおっしゃるとおり次回より主役として交代するグレートを強調せねばいけませんので、これに対ずるミケーネの強さもまた明確にせねばなりませんから、前主役となるZが徹底的にやられる展開となりました。映画と同様の進行ですと「Zでもミケーネに勝てる」となりかねず、その交代は意味のないものになりますしね。

質問した人からのコメント

2010/7/4 11:08:35

皆さんありがとうございました。
BAは最初に回答してくださった方に決めました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

d04alenaさん

2010/6/2811:58:38

グレートマジンガーに登場時のマジンガーZは、
調合金ニューZに換装され、出力は6倍にパワーアップ。(身長は18m→20mに)、
七大将軍のうち3体を立て続けに倒し、グレートマジンガーをしのぐ活躍を見せます。

初期のマジンガーZのパワーは、50万馬力。途中でパワーアップされ65間馬力になりました。
その6倍だと390万馬力になりますが、後の文献では95万馬力とか200万馬力と書かれているものがあります。
グレートマジンガーは90万馬力ですから、グレート登場時のマジンガーZが若干強いと思われます。

ちなみに同時期に活躍し競演もしたゲッタードラゴンが90万馬力。
グレート後番組のグレンダイザーが180万馬力です。

omizuh2oさん

編集あり2010/6/2819:54:34

アニメの設定は他の人が書いているので、裏事情的な物を。

Zの活躍には当時のアニメ事情が見え隠れしています
当時、アニメと言うのは玩具を売るための物であり、アニメ単体としての価値はほぼ無い時代でした。
映像販売とかもしてなかったのかな?

マジンガーZも二年も続き、人気もあったのに、おもちゃを売りつくしたために打ち切り。
次代のため、『ヒーローは2人もいらない』と言う事で最終回でボッコボコに負けます。

グレートマジンガーも同様で、主人公の些細な嫉妬で研究所大破。
所長も死んでしまう。
自身も再起不能のケガまで負うと言う踏んだり蹴ったりぶりです。

んで更に更に、同様にグレンダイザーにも兜甲児が出ているのにも関わらず、
マジンガーZが一度も劇中に出ていないのも同じ理由です。


補足
劇場版の
『マジンガーZ対暗黒大将軍』も結局はグレートに助けられるとしいところ変わりませんし、一人では後半を凌ぐ事は難しいです。

2010/6/2808:21:04

wikiによると、外観こそマジンガーZのままですが、超合金ニューZに換装され、出力もグレートに匹敵するものにチューンされているとの事。
グレートの最終回では強すぎて、そのまま敵を壊滅させそうになっていました。

よく考えてみると、すでにグレートというZの改良機があるんですから、Zも同様の技術で改良を受けても不思議じゃないんですよね。

逆に言えば、小柄なZに大柄なグレートと同様の戦闘力を付加できたと言う事は、最終的にはZに最先端技術が与えられている証拠です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。