ここから本文です

子供が尿検査で潜血と蛋白の+が続いていますが、大丈夫なんでしょうか?

質問者

klllylllhlllさん

2010/8/2011:19:59

子供が尿検査で潜血と蛋白の+が続いていますが、大丈夫なんでしょうか?

子供は年長男児です。5月に幼稚園の尿検査で、潜血+で再検査となりました。
再検査でも同じ結果だったので、病院にいくことを勧められました。

そのため、かかりつけの小児科に行くと「+なら経過観察でいいです。月に1回検査を続けて、
様子を見ましょう。++や+++になるようなら、腎臓疾患の疑いがあるので、
市民病院に紹介状を書きます」と言われました。

5月から現在まで、幼稚園で2回、小児科で3回検査を受けていますが、
3回目の検査からは蛋白も+でした。潜血、蛋白ともに+か±で、++以上の結果が出たことは
ありません。

このまま、月1回の検査で様子を見るだけで良いのでしょうか?
何かの病気、もしくはその前兆ということはありませんか?
市民病院などの大きい病院に連れて行った方がいいか、迷っています。

ちなみに、3歳児検診などの検診時、幼稚園の年少時の尿検査で引っかかったことは
ありません。また、今までに特に大きな病気をしたこともありません。
ここ数ヶ月の体調も以前と変わらず元気です。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
10,925
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tukkidneyさん

2010/8/2109:57:59

透析患者です。
私は9歳で腎臓病になり、悪化して不全になりましたが、その不全前、慢性腎炎になる際、近所の市民病院の小児科から大学病院の小児科の腎臓専門医のところに行きました。
その先生も、これまでの治療経過をみて一言、「この医者はなんだ!」って激怒されましたよ。
私の腎炎では慢性化することは少なく、治療法を知らない勉強不足によるものだったようです。
小児科の場合特に守備範囲が広いので、全てに万全というのはキツイのもありますからね。
ですので、小児でも腎臓を専門にされている先生、もしくは泌尿器科、腎臓内科などをセカンドオピニオンのつもりで受診されてみてはどうでしょうか。すぐにはちょっとというのであれば、薬局に病院で使っているのと同じ尿検査の試験紙が売っています。
そちらを購入されて毎日の朝一回目の尿の検査をされてみてはどうでしょう。
潜血、蛋白、糖など簡易検査できます。

腎臓の怖いのはあまり体調の変化がないことです。
特にお子さんだとそれは顕著だと思います。これが疲れた、ダルイなどと症状を訴えるときには進行していることも少なくありません。でも以外にそのときに聞くとちょっと疲れやすかったかもなんてこともよく聞きます。
ちょっと尿検査で+が続くのはよろしい兆候ではないと思います。
気をつけるに過ぎても問題ないぐらいかと。
試験紙で数日から1週間程度様子を見て、毎日続くようなら病院に行きましょう。
もし可能なら今のかかりつけ医にもセカンドオピニオンのためといって治療記録を求めましょう。
本当に自信があれば出してくれます。出さずに紹介状だけでも市民病院などはお安くなるでしょうから。

質問した人からのコメント

2010/8/26 12:49:19

ありがとうございました。
気にしていても何にもならないので、セカンドオピニオンの方向で
病院を探したいと思います

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

compactさん

2010/8/2013:59:40

ひと口に「小児科のお医者様」と言っても
医学部時代や開業前の大きな病院での修業時代のご専門はいろいろ。
一般論では「小児科では全身を総合的に見るので、子どもの病気の最初の窓口は全て小児科で良い」ことになってますが
現実的には先生にも「得手不得手」があるんですよ。
(私の個人的な経験では、喘息などの呼吸器関係と腎臓関係は非常に先生ごとの得手不得手がはっきりしているように感じます)

大昔の話で恐縮なんですが
うちの夫が小学生時代に少年野球のやりすぎで、疲労から蛋白尿&むくみが出たとき
まずは近所のかかりつけの内科小児科を標榜するお医者様に伺ったんですが
その先生のご指示は「せっせとスイカを食っとけ」「体育の授業はいいけど、少年野球はやめなさい」でした。
何の知識もない素人の義母と夫は、当然そのご指示を守って野球をやめ、必死でスイカを食べてたのですが(笑)
2週間ぐらいしても全く良くなる気配がないため
義母は意を決して泌尿器科の専門病院に夫を連れて行ったら
「え、スイカ?!そんなことおっしゃったのはどこの先生よ?」とビックリされてしまったそうです。
今までかかっていた医院のことを告げると
「ああ、あの先生はもともと消化器と肝臓がご専門だから、腎臓のことはねえ。正直、最初からうちにきたほうが良かったかも」と言われてしまい
そこでようやく「ああ、先生にも得手不得手があるんだ。開業医の先生がなんでもわかって治療できるわけじゃないんだ」と合点がいったそうです。
(泌尿器科病院で出されたお薬を飲んだらあっという間に尿の検査値は良くなり、野球をやめる必要もないと言われたそうです)

現在かかっておられる小児科の先生が
小児の腎臓疾患にも明るい先生で、専門知識を元に「++にならないうちは様子見」という判断をしてくださってるのなら良いのですが
「実は腎臓は専門外で、正直あまり良くわからないから明らかに悪化する様子がないうちは様子見」をしていると
上記の「うちの夫パターン」のようなこともありえます。

微妙な検査結果が長々と続いていることが気になるなら
ここは思い切ってかかりつけに「やっぱり心配がぬぐえないんで、大きいところをご紹介いただけませんか」とお願いして手紙を書いてもらい
大きな病院に連れて行って小児泌尿器科の専門の先生によく診ていただいて
さっぱりしてしまったほうが良いかもしれませんね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する