ここから本文です

反射神経はどうやったら鍛えられますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

higurasi_34_uminekoさん

2010/9/218:18:17

反射神経はどうやったら鍛えられますか?

閲覧数:
20,877
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuukisingoさん

編集あり2010/9/221:09:17

「反射神経」と言う神経はありません。ただ人間には「反射」はあります。一般的に申し上げれば、動作を体に覚えこます事。つまり上手くなりたい事を繰り返す事で得られます。「目で見て、脳を通し、行動に移す」過程を経る限り人間は約0.2秒前後という壁は破れません。これは一流選手も素人も大差がないのです。実を言うと物理世界と現実世界の差が歴然と存在します。わたくしどもの今見た世界は約0.2秒前の物理世界であると言う誤差があるのです。これは誰でも一緒ですから生理的感応と言う世界です。誰でも同じだから問題には普通はしませんしなりません。しかし、この0.2秒を破る技術が「致命時刻」と言うクンフーの秘伝にはあります。人間の反射神経速度とほぼ同じ。つまり「反射」速度と差し引きゼロだから一方的に叩き倒せるのです。昔の人は凄い事を伝承していたのです。ですからここで言う反射神経とは何の関係もありません。話しが外れました。ここでは「反射神経」のご質問ですから元に戻しましょう。格闘技等で言う反射神経とは「脊髄反射」の事です。(特殊なモノを除けば。)脳を通すプロセスを省けるようになる部分も全くない訳ではございません。そしてこれが一般に言う反射神経です。しかし「脊椎反射」である限り臨界点があります。それより速く反射するには、相手の動きを察知、予測する訓練と合せることを普通はします。で、どうするかと言うと、結局途中で申し上げた「反復稽古を繰り返す事」しかないのです。が、ここに大きく関わってくるものに「動体視力」があります。「動態視力」はビジョントレーニングとして既に確立されていますので一流のスポーツ選手の中には取り入れられている方も大勢お見えです。わたくしも若い頃は反射神経の限界を知り、その為にまだ日本では一般的ではない「動体視力」の訓練もしました。「眼は大脳の出先器官」とも言われます。速いモノを追えるだけが「動体視力」ではないのです。「眼と身体の協調」が一つの目標です。それ以前にクンフーで最初に学ぶ放鬆が「反射神経」を越える身体繰法にもなり得る事も識りました。リラックスを「放鬆」と誤解している武道家武術家がたくさんいます。両者は本質的に違う概念です。只リラックスするのなら「シュルツの自律訓練」で十分足ります。ホンモノの「放鬆」を会得できれば自然勁が体得できます。リラックスでは無理な話しです。ですから「放鬆」も「反射神経」を向上させるヒントにはなります。わたくしはやがて人間の生理的事実を知りました。言葉で「反射神経」と言うと単純です。「反射神経」は日常稽古の質と量に規定されて行きますが、「反射」を越える現実は実に奧が深いものと思っています。最期に一般的な「動態視力」に関するサイトを載せておきましょう。ご参考にして下さい。
http://www.afin-sports.com/kinetic/kinetic03.html

質問した人からのコメント

2010/9/4 11:53:09

降参 詳しく教えていただき、ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜3件/3件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

geradebaumさん

2010/9/310:52:40

反射神経…。良く聞く言葉ですが実在の身体器官の一部ではありません。
一般的に刺激に対して「反射的に」行動が起こせることを称して、
「反射神経が良い」と言いいます。

この場合の「反射」は、いわゆる「脊髄反射」よりも
「条件反射」あるいは「認識から行動までのタイムラグの少ない行動」を
意味しているものと思われます。

脊髄反射は脳を経由せずに、刺激に対して機械的に反応するもの、
例えば「熱いものに手を触れたとき、瞬間的に手を離す。」といったものです。
健常者であれば、このような反応の速度にはほぼ違いはありませんから、
「反射神経が良い」という場合の「反射」とは異なります。

「認識から行動までのタイムラグの少ない行動」を身につける方法としては、
「視野を広げる」「動体視力を向上させる」「予測をする」
「刺激に対する反応を早める」「身体の敏捷性を高める」
といったトレーニングが必要です。

手軽にできるものとしては、
・紙にたくさん書いた数字を順番に追う。
・誰かに指示を出してもらってその方向にフットワークする。
・ホームに入ってくる電車内の人間を目で数えて、
女性のときだけ手をぎゅっと一瞬だけ握るなんてのも効果的らしいです。

格闘に活かすなら、そのための最適化が必要だとは思いますが。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/9/223:29:20

昔、ブルースリーが有名にするより前から、反射神経の鍛練にヌンチャクを使っていました。ヌンチャクを背中側で掴む動作が鍛練になります。あとパンチングボール(軽い革製のボールをゴム紐で上下から引っ張る形で固定したもの)も良いですよ。パンチを打って、こちらに跳ね返ってくるのをフットワークでかわす練習をします。これはボクシングをやっている友人に習いました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/9/219:25:15

体験談ですが、私も反射神経を鍛えたいと思ったことから
反復横飛びなどをしたことがありました
その結果努力も実り教師のチョーク投げを避けられるまでになりました
なので、反復横飛びはオススメです

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する