ここから本文です

生コンの比重は1リュウベイあたり2,3tと聞きましたが、これは固まった状態ですか? ...

cham4012chamさん

2010/11/3014:56:33

生コンの比重は1リュウベイあたり2,3tと聞きましたが、これは固まった状態ですか?
それとも固まってない状態ですか?

補足固まった状態の比重はいくつですか?

閲覧数:
56,818
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uetomo0530さん

2010/12/523:33:54

生コンの密度(比重)は約2.3で正解です。これは固まっていない状態のことです。
ただ生コン会社によって、材料が違いますので密度2.2~2.4が生コンの密度です。

固まった状態の密度はほとんど変わりませんが、厳密にいうと固まったほうが若干軽いです。密度0.001ぐらいの差かな?

あと補足ですが、生コンは昔から比重という呼びかたをしていたのですが、数年前から比重→密度と呼ぶように変わりました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

constjpnさん

編集あり2010/12/411:21:48

まず,生コンは,製造から現場に納入されるまでのコンクリート=固まっていないコンクリートです。
よってお答えは,「固まっていない状態」となります。

以下余談です,
比重という時に単位は不要(「比重」は同体積の水の質量に対する比→無次元量)です。
つまり,「生コンの比重は2.3」が正しい表現(立米とtは不要)です。
1立米当たり○○tonというときは,「単位容積質量」のことを指します。
このあたりを実社会であまり細かく言うと,「うるさがられる」かも知れませんので,比重のままでも通用はします。
ただし,文字(書類などですね)にする時は注意が必要です。
最近「比重」ということは少なく,むしろ「単位容積質量」が適当ですが,同じ生コンの「単位容積質量」は2.3(ton/m3)となります。数字は同じですが,これは,水の密度が「ほぼ1(g/cm3)→1(ton/m3)」だからです。

固まった状態は,「いつ?」のことを言うかで変わりますが。まず凝結が完了して間もない時とします。このときは表面の水は抜けて(乾燥して)いませんので比重は変わりません。ただ構造体(=建物)では,固まり,脱型後,時間と共に,(強度は別として,大雑把に言って)表面から乾燥しますので,乾いた状態では,少しですが小さくなることがあります。仕上げや水和(反応→硬化)などの状態・条件にもよりますので,具体的に「いくら」とまでは言えません。

これはご存じかも知れませんが,「2.3」も全てのコンクリートで同じではなく,骨材や調合によって変わります。
普通のコンクリートでも,骨材(密度,使用量),セメント使用量などで,2.2~2.4位の差はごく普通にあります。
標準的な数字としての「2.3」はOKでしょう。

※小修正させて頂きました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rinmei88さん

編集あり2010/11/3020:30:26

固まっていない状態です。

補足について
同じです。 水は蒸発ではなく化学反応で固まります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する