ここから本文です

会社で小集団活動を行っております。事務職での小集団活動ということで、収納棚の...

jhashi2007さん

2010/12/2709:59:28

会社で小集団活動を行っております。事務職での小集団活動ということで、収納棚の整理整頓、事務所の美化といった内容で取り組んできました。でも最近マンネリ化しています。

業務改善を次回の活動テーマにして、ミスの削減・作業の効率アップを実現したいと考えています。そこで、工場等の現場で使われるKYTを事務職で応用できないかと考えています。(どんなミスが発生しやすいか?その対処は?等)
手法的にはおかしくありませんか?
方針がおかしくなければ、具体的にどのように進めていったらいいか、ご意見を頂ければ幸いです。

閲覧数:
1,621
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/12/2717:45:41

おかしくないと思います
全てのことに共通だと思っています

起きたミスの事例
発生原因・・・原因の追究
応急処置・・・恒久処置
で良いのではないでしょうか?

ただ『ミスの削減・作業の効率アップ』をどのように金額換算するかが難しそうですね
時給換算とかで表現するしかないと思いますが
活動の目的はどれだけ利益を増やせるか、どれだけコスト(原価)を削減出来るかですから・・・

質問した人からのコメント

2010/12/29 13:49:48

ご回答ありがとうございます。
金額換算も視野に入れていますが、まず、原因究明・処置のサイクルの定着を
第一段階としてスタートしたいと思います。
金額換算は、試行錯誤してみようと思います。
貴重なご意見、ありがとうございました

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する