ここから本文です

ちょんまげについて なぜ昔の日本人男性は、ちょんまげの髪型をするようにな...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

fwymq232さん

2011/1/2602:24:37

ちょんまげについて


なぜ昔の日本人男性は、ちょんまげの髪型をするようになったのでしょうか?

閲覧数:
7,117
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yaikomaeさん

2011/1/2607:28:47

その昔、日本人は「長髪」を後ろでしばるだけでした。

その内に「権力者層」では己の「地位」を明確にするために
「横」で縛るなどの「見た目」からの違いも出したり、
また「戦士層」の中では
「背を高く見せたり」「相手を威嚇」しようと縛った髪を
上に上げるたり、頭の上に乗せるようにもなりました。

その頃は「武士」という概念はありませんでしたが
後に「武士」がわりと「髪を後頭部の上目で上げて縛る」
「縛った髪を頭に乗せる」起点になりました。
どうあれ、強そうに見えると思っていたのです。

そして「戦」が多かったために、そのうち「全員」が
その髪型に統一しだしました。

しかし、歳を食えば「髪」が無くなり頭がハゲます。
そして「歳を食う」=「権力者」が多いために、
「権力者」へならう意味ができ
元服時には頭を剃るといった行為が追加され
「武士」のまげ「ちょんまげ」が完成していきます。

「江戸時代」には完全に固定化され
権力者への服従を意味する
「江戸幕府による完全なるピラミッド社会」の象徴とも言えます。

1、最初は長髪を縛るだけだった。

2、そのうち権力者層が横で縛り、己の優位を差別化しだした。

3、戦士層が強く見せようと「後ろでしばった髪を上目にする」
「縛った髪を頭の上」に乗せるなどの行為を始める。

4、歴史が下がり「戦」が多かったために多くが「3」の髪型に
統一しだす。

5、「朝廷」「幕府」などの概念ができだし「公家」「武家」が分かれる。
※この頃は「公家」も「武家」も「坊さん」以外は同じ髪形です。

6、「武家」が権力を握る時代となり「武家の権力者層(老人たち)」の
頭がハゲる、ハゲていることが多くなる。

7、権力者へおもねる傾向から「武家」が元服時には
権力者にならい「自ら頭を剃る」文化が起きる。
しかし「公家」は「武家」におもねる必要は無いので
相変わらず「髪を剃らない」。
ここにきて「武家の髪型」ができる。

8、「江戸幕府」の時代になり権力者への服従を意味する
「江戸幕府による完全なるピラミッド社会」の象徴となる
「丁髷」が全国一律ファッションとなる。

このような歴史からできた髪形です。

質問した人からのコメント

2011/1/31 02:51:53

ありがとうございます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kumialphaさん

2011/1/2613:18:43

戦闘において兜は失いやすい武具
でした。

兜を失っても髷をほどけば髪が肩まで
下がり、刀刃から首などを保護することが
できたからです。

町人のは武士の真似です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/1/2607:49:54

もともと日本人は禿やすいので、それなら髪のあるうちにきれいにそってかっこよくという単純なことではやりました、いずれの時代でもこの特異なスタイルはいかにも日本人の得意とするものでありその時代ごとの流行がありとても素敵なものとなりました。特に若禿の人にはまるでいいスタイルであります。このスタイルですと、歳を重ねてもし剥げても、特に気にすることもなく、悩みなく安全に生活することが可能となりまさに大人のヘアスタイルであります。僕ももしはげたらこういうスタイルで気にすることなく生活できるのでしょうとおもいます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アップロード写真

カテゴリマスター

riewseygoさん

2011/1/2605:45:20

ちょんまげ(丁髷)は明治時代以降に髷(まげ)を結う人を指してからかった言葉でしたが、それ以前の江戸時代は髪が少ない老人が申し訳程度に結う髷を指したものです。

髷の起源は武士の髷ですが、さらにその起源は大和朝廷以後に貴族が冠を被るようになってから、冠が真っ直ぐ立つように頭の後ろに髪を結ったものが考え出され、「冠下の髻」(かんむりしたのもとどり)と呼ばれたのが一般化したものです。
貴族の髻はそのため後頭部で真っ直ぐ上を向くものですが、武士の髻は兜を被ったときクッションの役目を果たすために頭頂部に横たえるものなりました。そのように頭の上に載せるものを一般に「髷(まげ)」と呼びます。真っ直ぐだったものを曲げたからでしょうね。

髪を結うのは古代からあって、有名なものは埴輪で見られる角髪(みずら)で、耳のところで束ねたものです。
また、古墳時代以前は中国の文献に見られるものでは、髪を垂らして布を巻く、というのもあるようです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/1/2603:44:26

ちょんまげは本来「丁髷」と書き、頭髪が少なくなった老境の武士がした髪型です。要するにちょんまげはハゲがする髪型です。

日本の髷は男女や立場により様々な種類があります。明治の断髪令で髷をしている人を時代遅れと揶揄して「ちょんまげ」と呼ぶ向きもありましたが、現在も相撲の世界では髷に関しては厳しい仕来たりがあります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

msiknamさん

2011/1/2602:28:23

兜を被りやすいようにする為と聞いた事はありますが詳しくは分かりません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する