ここから本文です

根抵当権の消滅請求

質問者

deam2100さん

2011/1/2911:15:54

根抵当権の消滅請求

(問題集)
[根抵当権の消滅請求]

消滅請求の要件は、①根抵当権の担保すべき元本が確定しているということ、②現存債務が極度額を超えていること、③極度額に相当する金額を払い渡し、又は供託することである。

(質問)
①「現存債務が極度額を超えていること」の所ですが、なぜこの要件が必要なのですか?
②「極度額に相当する金額を払い渡し、又は供託することである。」の所ですが、極度額を超えている部分はどうなるのですか?

閲覧数:
678
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oakreyewingさん

2011/2/111:54:20

消滅請求の要件を丸覚えする必要はありません。
何故その要件が必要なのか?を理解することです。

要件として押さえるべきは、まず請求権者ですね。
極度額うんぬんは後の話です。

請求権者:物上保証人、地上権者等
まずはこの人達の立場になって考えることが肝要です。

次の謄本を見てみましょう。

所有者A
1番根抵当権
根抵当権者B、極度額3000万円
債務者C
2番地上権
地上権者D

A=Cが債務不履行をして、根抵当権を実行されたら
所有権を失う人。
D=Cが債務不履行をして、根抵当権を実行されたら
地上権を失う人。

ここで、元本が確定していなければ、AもDも何もできません。
Aには元本確定請求権がありますが、3年は使えません。

元本が確定していた場合に、

①現存債務<極度額の場合
AもDも法定代位できます。(民法500条)
これにより、根抵当権を自分の物にできるので、
突然の根抵当権実行は防ぐことができます。

②現存債務>極度額の場合
法定代位は使えますが、極度額満額を代位
しても、根抵当権”一部”移転にしかならず、
未だにBは根抵当権者のままになります。
(弁済者とBの準共有の状態)

ここで、Aにとっての1番根抵当権は
”3000万円だけは担保に取られる”
という義務であり、

Dにとっての1番根抵当権は
”3000万円の配当権利のために、
自分の地上権が吹き飛ばされるくらい
なら、3000万円払っても良い”
と思えるのなら、払ってもいいんじゃね?
みたいな位置づけになります。

請求権者に、後順位担保権者が入って
いない理由。
実行して、3000万円の配当の後、
自分も余剰金があれば配当されること
となる。(3000万円払って消滅させる
メリットが、物上保証人や用益権者ほど
はない。)

請求権者に、債務者や保証人が入って
いない理由。
担保物権がどうなろうと、債務者や保証人
は、債務の全額を支払う義務がある。

という感じです。
消滅請求を終えて、極度額を超えた部分ですが、
これは、消滅請求をしようがしまいが、
”一般債権者となんら変わりは無い”
ということとなり、裁判を起こして、債務名義を勝ち取り
他の財産に差押をしていくこととなります。

現存債務が4500万円だった場合に、物上保証人や
用益権者にとって不利益な点は、債権の不可分性です。
4500万円の全額を払い終えるまでは根抵当権は
消えないという点にあります。この時点で、3000万円
をとっとと代位により払ってやって、自分の権利を守る。
それが根抵当権消滅請求の立法趣旨です。

ああ、それと、用益権者は順位変更登記とかもできません。
順位変更登記は、
”配当額の順番を変更する”
という登記です。なので、配当とか関係のない用益権は、
そもそも順位をいじることができません。
ただ、賃借権だけは、この制約を外す手があります。
それが”合意の登記”です。見たことはあるでしょう?
順位変更が配当額を変更する登記なのだから、
抵当権、根抵当権、質権、先取特権が対象になります。
この順位変更できる権利も、覚える必要なんてないのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/1/3117:27:26

① 債務の方が極度額より少なければ、消滅請求するまでもなく、単に債務の全額を代位弁済すればいいからです。

② そもそも根抵当権を実行したとしても配当を受けられない部分であり、無担保債権であるというだけです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する