ここから本文です

確定申告するにあたり、中古物件の「建物」の取得価格を算出したいのですが、 購...

cat1pikiさん

2011/2/2216:22:37

確定申告するにあたり、中古物件の「建物」の取得価格を算出したいのですが、
購入時の消費税が不明なので、固定資産評価証明書を取得して購入金額を按分する方法で算出しようと思っています。

つきましては、証明書は何年度分のものを取得したらよいのでしょうか?

物件は平成15年1月築で平成17年8月に中古で購入しました。
都税事務所に聞いたら、過去5年(平成17年から)しか取れないとのことでした。


確定申告をするために調べる時間を含めて丸3日くらいかかっています・・・早く終わらせたいです・・・(><)

補足取得価格は、不動産所得の確定申告の際に必要となります。
税務署で相談したら、評価証明書から出してもよいとのことを言われました。
根拠があればいいようです。
ただ、新築時(平成15年)の評価額が必要とのことで都税事務所で取得しようと
したのですが、過去5年分しか取得できないとのことで、
取得できませんでした。
税務署(確定申告)に行くのも、都税事務所(評価証明書)に行くのも
時間がかかるので統一してほしいものです。

閲覧数:
1,912
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

do_antoniさん

編集あり2011/2/2310:53:31

中古建物の取得価格を知りたいとのこと。
事業所得や不動産所得で減価償却費を計上するためですか?それとも譲渡所得で取得費を把握するためでしょうか?

いずれにせよ、固定資産評価証明書では購入金額は算出されないと思われます。あくまでも課税上の評価価値ですから。

もし今年から事業(不動産)所得の確定申告をする場合で、減価償却費計上のための取得価格を調べる方法がない場合、仮にH22度の固定資産評価額を取得価格として計上することは、原則認められないとは言うものの、税務署は認めてしまうことが多々あるようです(身近にもありました)。

質問の意図とずれていたらすみません。

≫補足
評価額は固定資産税の明細にも書いてあります。
でもH15のときのものなんて残してないですよね。。。

しかし税務署の言うH15のものがなくても、H21年分をとってきて、それを償却基礎額にしちゃえばいいんじゃないですか。
あと取得価額は、一応理屈からして計算はできます。
[H15年の取得価額]=(耐用年数)×(H21の評価額)÷([耐用年数]-6.3)
これでどうでしょう。

例えば、H21の評価証明に¥2000万円と書いてあって、耐用年数表で調べるとその家屋が30年だった場合、
取得価格=30×2000万÷(30-6.3)
=30×2000万÷23.7
=6億÷23.7
=2531万

どんなもんでしょう。

つまるところH21やH22を使って計算するより仕方がないと思います。税務署も納得せざるを得ないと思うんですが。
ご参考までに。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する