ここから本文です

褥瘡の処置について困惑しています

tokyoamandaさん

2011/4/1818:47:58

褥瘡の処置について困惑しています

介護療養型の病院に勤めるようになってはじめて褥瘡を目の当たりにしています。
私がほぼ新人同様なので日々先輩方に指導いただきながらケアしているのですが、ちょっとわからないことがあります。
仙骨部に浸出液多量で悪臭のする褥瘡(見た目にも汚い感じです。赤い部分、黄色い部分、茶色っぽい部分いろいろです)をもった患者様がいます。私はその状態がどのレベルなのか判断できないのですが、先輩方曰く「糖尿があって治りが悪い」のだそうです。エアマットを使用しています。
処置は微温湯または生食で洗い流し、ゲーベンをこんもり塗布し、ガーゼとフィルム材を貼っています。
ケアの仕方を教わるのですが、洗浄せずに消毒液のついた綿棒で消毒している先輩と、洗浄しながら綿棒で付着物をこすり落としている先輩と(この際うっすら出血もありました)、洗浄しながら軽く付着物を綿棒で除去する先輩といます。
自分で褥瘡ケアについて調べましたが、創面をこするのは良くないとか消毒はしないとか書かれてあって、実際に目にする処置と違うので自分はどうすればいいのかわからずにいます。浸出液が多くて創面も汚くて悪臭がある状態はやはり良くない状態(感染?)ですか?
実際の画像も無く、つたない表現だけでもうしわけありません。

補足ちなみに。ゲーベンは深くない傷や健康な皮膚には刺激が強すぎてよくないと聞きますが、褥瘡部の周囲に付かないようにワセリンなどを土手の役割で塗布したほうがいいでしょうか?

閲覧数:
6,018
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kawaiitoitoiさん

編集あり2011/4/1819:43:20

創部から考えると感染していると思われます。洗浄してゲーベンという処置も間違っているように思えません。
感染している創部には、あまりドレッシング剤は使えないので今の処置を続けてもいいと思います。

洗浄方法についてですが、まず感染している部分と黄色い部分がきれいにならないと、じょく創が治りません。そのために、消毒薬の付いた綿球でこすることもきれいにするために必要な処置ですし、お湯で洗うのも間違いではありません。
感染が強い時期はどちらを選択してもよいのです。
感染がなくなった後は、浸出液の量によって使うものが変わってきますので、その時期になりましたらまた質問してください。

確かにその方がよいと考えられますが、問題は時間だと思います。一人の患者さんのじょく創にそこまで時間をかけてほかの業務に支障が出ないのであればお勧めしますが、業務とじょく創を両方こなすと考えると、感染兆候がなくなり創部が盛り上がれる段階になるまではゲーベンでよい思います。
ブロメライン・ソウブサンと比べればよい組織への影響は少ないと思います。

質問した人からのコメント

2011/4/21 22:07:49

成功 ありがとうございます。kawaiitoitoiさんのアドバイスと調べて得た知識で、感染兆候のある場合はこすってもいいし、消毒も洗浄前ならおこなってもいいということがわかりました。
確かに私は新人でとろいので、業務に差支えが出てしまいそうです。ちゃんと動けるようになったら、もっといろんなことに配慮しながらケアしていきたいと思います。本当にありがとうございました。また困ったことがありましたら是非相談させてください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する