ここから本文です

解決済みのQ&A

奉行、大名、旗本、火付け盗賊改めの中で一番偉いのは誰ですか。 そして、具体的...

mmnk22222さん

奉行、大名、旗本、火付け盗賊改めの中で一番偉いのは誰ですか。

そして、具体的にどう違うのですか。

あまりにもあっけない質問で申し訳ございませんが、どなたか詳しいお方、教えてくだされ。;

宜しゅうお願い申し上げます。

  • 質問日時:
    2011/4/28 22:48:26
  • 解決日時:
    2011/5/2 11:25:01
  • 閲覧数:
    2,837
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

butterflyfdolphさん

結論から言うと、一応は「大名」となりなすが、全ての比較は出来ません
先ず、「大名、旗本」と「奉行、火付盗賊改」というカテゴリーに分けます
「大名、旗本」が「家の身分」「家の格式」であるのに対し、「奉行、火付盗賊改」は「当人の役職」「当人の地位」です
「大名、旗本」が「奉行、火付盗賊改」に就任します
例えば「旗本」が「奉行」になると「旗本」でもあり「奉行」ですが、「奉行」を辞めても「旗本」です
「旗本」の家の「当主」であり、「奉行」は「役職」だからです
「課長」だった「お父さん」が異動になったり退職したら「課長」ではなくなりますが「お父さん」です それと同じです

大名・旗本:幕府に直接仕える武家で、公式に記録された年間の米の収穫高を表す「石高」(表高)が一万石以上の者は 「大名」、
一万石未満で、「御目見得」と言って、直接将軍に拝謁出来る権利・格式を持った者が「旗本」です(それ以下は「御家人」)
大名は家臣を養って領地を支配し、そこからの年貢で家政を経営しました。その家臣団の組織が「藩」です
旗本にも同様な事を行う者もありましたが、こちらは藩ではなく「知行地」と呼ばれました
旗本には領主ではなく、今の給料のような形で幕府の年貢米から米を支給される「蔵米取り」というのもいました
一般に大名は「参勤交代」と言って、毎年領地と江戸を行き来しましたが、旗本はずっと江戸に住んでいました
(ただし「定府大名」や「交代寄合」のように例外もある)
一般には大名の方が身分・格式は旗本より上ですが、若干の例外もあり絶対のものではありません

奉行:武家の役職ですが、様々な奉行があり、職務内容も違います 部署等を前に付けて、「~奉行」と呼ばれました
最も有名なのは「寺社奉行」「町奉行」「勘定奉行」の「三奉行」ですが、他にも「~奉行」はいましたし、彼らの配下にも「~奉行」がいたりします また、幕府のみならず「藩」にも「奉行」の役職はありました なので、「三奉行」でも彼らの同僚や部下の「その他の奉行」も居たわけです
なので、奉行を一言で表現するのは難しいですが、「武家の(中間)管理職」「武家の各部署の責任者」と言った所でしょうか

火付盗賊改:これは「グループ」の名称で、ここのトップが火付盗賊改方長官 幕府の御先手組頭(「弓組」「鉄砲組」からなる「幕府の軍隊」の隊長)の加役(兼任)として就任しました 江戸の治安維持・犯罪人の検挙が主な任務でした

上記の通り、奉行には様々ありますので、火付盗賊改 と一概に比べる事は出来ません
強いて、よく火付盗賊改方と比較される町奉行の例で行くと
町奉行所は、現在の都庁が消防庁、警視庁、裁判所、検察庁の業務を兼ねているような所です
いわば「役人」の集団です
火付盗賊改は軍隊、現在の日本に正規の軍隊はありませんが「自衛隊」「機動隊」をイメージしてください
こちらは「軍人」の集団です

また、例えば町奉行所の場合、犯人が大名屋敷やお寺の境内に逃げ込んだら、「大目付」や「寺社奉行」に連絡して許可を得てから逮捕する必要があり、それまで踏み込めません。 逆に管轄でも武士や農民を逮捕したら最終的には「大目付」「目付」「勘定奉行」「諸藩」に引渡し「裁きはそちらで付けて下さいよ」でした
それに対し火付盗賊改は、どこであろうが、誰であろうが踏み込んで検挙しました。 その代わり裁く権限はあまりありませんでした

町奉行 老中支配 諸大夫(従五位下) 役高3000石
火付盗賊改方長官 若年寄支配(老中支配の時代もある) 布衣(六位相当) 役高1500石
ですので、単に身分的に言えば、 町奉行>火付盗賊改方長官 となります

よって、大名、旗本、奉行、火付盗賊改 をどれが偉いと比較する事は不可能です
奉行でも寺社奉行は大名ですし、その他のほとんどの奉行と火付盗賊改方長官は旗本です
大名も旗本も「ピンキリ」です
強いて言うなら 大名≧(町)奉行>火付盗賊改方長官 奉行=旗本 火付盗賊改方長官=旗本 といった所でしょうか

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/4/29 13:31:54
  • 回答日時:2011/4/29 01:55:49

質問した人からのお礼

  • 降参かたじけのう御座いまする!
  • コメント日時:2011/5/2 11:25:01

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

naka1971noaさん

大名でしょうね。1万石以上の領地を持っています。旗本は1万石以外で幕府の人間しかなれません。奉行も大名がなる事は滅多にありません。火盗改は御先手組からの加役ですから旗本の中でも中位の者がなります。長谷川平蔵ですら400石ですからね。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2011/4/29 07:40:09

tigerjet3000さん

身分と役職がごっちゃになっています。一万石以上の領地を持つのが大名で、一万石未満の将軍の家来を旗本、もっと下を御家人といいます。基本的には大名の方が上ですが、大きな旗本だと小大名を馬鹿にし、たびたびトラブルが起こっています。
町奉行というと、警察・裁判のイメージが強いですが、今でいうと都知事が一番近いと思います。
火盗改めは、軍事警察といってよい組織で、常設の組織ではなく。必要によって置かれました。町奉行と火盗改めとも旗本から任命されたので、身分の上下はありません。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2011/4/29 00:24:55

revivallightmythさん

①大名
②旗本(直参・後家人は
大名並みの待遇を 受ける者もいた)※旗本の中から、奉行職や火付け盗賊改めが、任命されていますので、順位としたらこの2つ。
あえて、順番をつけるならば、③奉行④火付け盗賊改め だと思います。

補足として……
幕府の職制は
大老(臨時職)・老中・若年寄・寺社奉行などは、大名から任命され、町奉行・火付け盗賊改めなどは、旗本から任命されています。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 編集日時:2011/4/28 23:18:21
  • 回答日時:2011/4/28 23:09:48

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する