ここから本文です

解決済みのQ&A

学資保険について!(JAこども共済すてっぷ) 9ヵ月の息子を今年4月から新発売貯...

nyanko_sensei_1212さん

学資保険について!(JAこども共済すてっぷ)

9ヵ月の息子を今年4月から新発売貯蓄型のJAこども共済すてっぷに入れたと思っています。
そこで質問ですが学資保険だけなら元本割れしないみた

いですが、医療もつけた場合はやはり元本割れしますか?
また乳幼児期は医療費が助成されるので、今のところ医療保険はかけなくても大丈夫でしょうか?
因みに3歳になると、割安な旦那の職場の医療保険にかけられるみたいなので、3歳になったらそちらにかければイイかなぁ~と思っています!

学資だけJAにかけて、医療を別々にかけるのが一番イイと思いますが、外資系保険は抵抗あるし、転勤族なので国民共済などは引っ越しの際に手続きがかなりややこしくなります。

因みになぜ学資保険をJAに…かと言うと、旦那の両親が元JA職員だったためです。

どなたか分かる方、またはアドバイスいただけたら嬉しいです!

  • 質問日時:
    2011/5/24 11:36:55
  • 解決日時:
    2011/6/8 08:46:46
  • 閲覧数:
    6,957
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

shinsan910さん

大切なお子様の事ですから慎重に決めたいですよね。
では、4月から販売開始となったJAのこども共済「すてっぷ」ですが
月払いならソニー・アフラックの学資が有名ですが
年払いですと、無配当型のソニー・アフラックを凌ぎ、有配当型でトップクラスの給付率となりました。
30歳男性 お子様0歳 300万満期17歳払済み
年払い155,910円×17年間=2,650,470円で
300万+据置割戻金(配当金)が受け取れます。
ちなみに同内容で
ソニーでは155,970円×17年間=2,651,490円 300万受取
アフラックでは 156,250円×17年間=2,656,250円 300万受取
カタカナ系の商品にも引けをとらない給付率ですので安心して加入されても良いでしょう。

JAのすてっぷには生存給付金が自由に付加できるシステムも搭載してますので受け取り方法も自由に変化出来ます。
更に従来のこども共済と融合させることで、最高10回の給付を作りだす事もできますのでプランニング次第で様々なスタイルに変化させる事ができるようです。
学資保険の最大のメリットである払込免除は他社に比べ遥かに広範囲である事
対象として
①死亡時
②第1級後遺障害
③災害2~4級障害
④病気・ゲガでの障害による就業不能時(働けなくなった場合)
⑤介護状態
⑥認知症
と他社であれば①・②・③までの範囲の払込免除のみがJAの「すてっぷ」では、働けなくなった場合や介護状態の場合にも対応していますので非常に優れているのではと思われます。

参考
払込を速くしたり一時払い等を利用すると確かに高利回りですが払込免除という恩恵が無くなってしまいます。
リスクマネージメントという視点からも考慮する必要があるのではないでしょうか?
例えば
300万満期17歳払済にご加入され
10年後にご契約者様が脳梗塞で働く事が出来なり払込免除となった場合
155,910円×10年=1,559,100円で300万円+据置割戻金が受け取れます。
返戻率で換算すると約192%となります。
JA共済の資産は約43兆円
ソニー約3.8兆円・アフラック約5.9兆円・マニュライフ約1.7兆円・AIG約10兆円・東京海上日動あんしん生命約13兆円
日本生命約45兆円に次ぐ大手ですので安心してご加入できるものと思われます。
過去破綻した保険会社がいくつかありましたが、被害を被るのは貯蓄型の保険になります。受け皿会社によって大幅に減額されます。
経営状態の良い会社安心できる会社を選ぶ事も重要なポイントになります。
余談ですが、
JA共済では終身や生活保障特約・収入保障特約の万が一保障の場合②を除く全てが死亡扱いになります。
考え方は様々だと思われます。
結局はご自身のニーズで左右されるものと考えます。
皆さんの考え方は大まかに3点です。
1社会保障があるので必要ないという意見
2県民共済などのこども保険で安く良い内容にという意見
3若いから健康という事は無いので、安いうちに終身医療保障
と分かれてきます。
JAの医療共済ですが0歳女の子
有配当型終身医療(終身払い:月額2,432円)
入院日額 5,000円(120日)通算無制限:80歳以降からは700日
手術共済 外来2.5万円 それ以外は全て20倍(1000種対応)
入院見舞金 2.5万円(1入院につき)
先進医療 1000万円
解約返戻金あり
払込免除あり(全64項目)
①第1級後遺障害(10項目)
②災害の2級から4級(24項目)
③病気やケガの障害による就業不能状態
④重度の生活習慣病27項目(糖尿病・人工透析・心臓ペースメーカーの装着等27項目)
⑤介護状態
⑥認知症
他で検討しなければならないほど悪い内容ではないはずですので十分に検討されお決めになってくださいませ。

乱筆乱文になりましたが少しでも参考にしていただけますと幸いです。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

suzuki00144012さん

医療保障は必要と考えています。

一生涯の掛金は一緒の法則(どこの会社も同じかどうかは不明)

例えば0歳で加入が出来て80歳まで払う商品があったとします。0歳で加入すれば掛金は一番安いですが80年払わないといけない。60歳で加入ならメチャクチャ高いですが20年ですむ。掛金の総額でみるとほぼイコールです。
私の住む豊田市は中学卒業まで医療費無料です。お客さんもほとんどいらないと言います。しかし、私は以下の説明をして必ずお勧めしてます。

今は不要でも今後の疾病、ケガにより、又は検診の数値で保険に加入できないリスクも考えてほしいと思います。実際、学資の満期手続きの際、身障者のお子様がいてなんとか終身に加入させたいと強くお願いされましたがお断りしたこともあります。

御主人が会社を退職したら保険も終了すると思いますので掛けてあげることをお勧めします。会社の保険は非常に安いとは思いますが・・・

ちなみに私にも6歳と3歳の子がいますが、0歳で医療と学資に入れてます。15歳になると終身に加入できるので15歳で加入させる予定です。
あと、学費についてはリスクありますが、投信でも準備してます。

kt_freiheitさん

元本割れをするかどうかのシミュレーションがJAのHPでできた気がします。
医療をつけると元本割れした気がします。

まあ、医療は不要だと思います。
医療費無料ですしね
それよりは少しでも多く貯蓄をすべきだと

不良債権など見るとJAの方が外資より不安は感じます。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する