ここから本文です

派遣法のクーリング期間についてお聞きします。先ずは間違いないか、確認させてい...

jikannwo_inotide_kauさん

2011/6/2220:29:20

派遣法のクーリング期間についてお聞きします。先ずは間違いないか、確認させていただきます。
企業が派遣を初めて雇い入れてから三年後の最終日を抵触日といい、その後3ヶ月+1日は、クーリング期間の為、派遣の雇い入れができない。今勤務している派遣社員は、直接雇用などにしなければならない。
ここまで間違いないでしょうか?

では、ここからが質問事項となります。
例えば、直接雇用にした人がクーリング期間である3ヶ月+1日が経った後、また派遣へと雇用形態を戻したをしたと考えます。
3ヶ月+1日が経ち、そこからまた三年、そしてまた3ヶ月+1日、そこからまた三年、となりますか?
(例*2000年5月20日が初雇い入れ日。三年後は、2003年5月19日。そこから3ヶ月+1日は、2003年8月20日。そこから三年後は、2006年8月19日。そこから3ヶ月+1日は2006年11月20日。。)このようにどんどんプラスされていくように思っていて良いでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願い致します

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,235
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ronron_007xxさん

編集あり2011/6/2222:20:18

質問前の認識は自由化業務(特定26業務では無い)であれば正しいです。

そして質問への回答は、派遣法の文面だけを切り取れば間違いの無い解釈に見えます。
ですが、この法令の本質は、3年以上続く需要(仕事)であれば、臨時対応(派遣)では無く直接従業員を雇用して、雇用機会を拡げなさいという考えです。
従い違法ではありませんが、脱法と捕らえられる場合があります。

また、労働基準監督署の調査員は文面通りの解釈はせず、実態を確認します。
実態として雇用機会を閉ざしていると見られれば是正指導を受ける可能性が高いでしょう。
※上記のケースを意図的に行えば、まさに絵に描いたような脱法行為です。

なので認められるケースとしては、クーリング期間中に雇用努力を行い、直接雇用に至ったが本人希望により退職し、且つ他にも応募が無く、致し方なく3ヵ月後、派遣を受け入れなければならない・・・といったケースでしょう。(こちらも客観的に判断出来る材料が必要だと思います。)

質問した人からのコメント

2011/6/23 12:33:27

抱きしめる ものすごくわかりやすく、ご回答いただきありがとうございます。
脱法行為とみなされるのは怖いですね。。
例文の3年経ち、3ヶ月+1日がたてば、というところの計算としては、ドンドン
プラスで計算していくということでよいのでしょうか?
プラスで考えていくが故に、企業が初めて派遣を雇用した日を知る必要があるのですよね?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

グレード

カテゴリマスター

tadanakinureteさん

リクエストマッチ

2011/6/2223:34:02

今勤務している派遣社員は、直接雇用などにしなければならない。

この文面はありません。必要がなければ、直雇用にならずに終わります。

また、貴方の考えている事はクーリングオフ逃れと言われるもので違法な物です。本来、認められません。

労協労働局のパンフレットでご参考下さい。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/haken-shoukai15/dl/01a.pdf

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する