ここから本文です

太陽光発電について質問です。個人と法人(住宅と非住宅?)の違い、それと法人と産...

yah00adさん

2011/6/2811:56:23

太陽光発電について質問です。個人と法人(住宅と非住宅?)の違い、それと法人と産業用の違いを明確に知りたいです。定義的なものがあれば教えてください。

あと、それぞれで補助金や買取制度がどう違ってくるのかも知りたいです。
宜しくお願いいたします。

閲覧数:
1,503
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dorufinburakさん

2011/7/215:06:07

簡単に書いてみます

住宅用・・・太陽光パネルが10kW未満
個人 ・・・10kW未満で電気の契約者が個人名 : エコ 太郎
法人 ・・・10kW未満で電気の契約者が法人名 : ○○株式会社
補助金・・・国からkwあたり48,000円で9.99kwまでもらえます。後は各地方自治体からもあるところはあります。
買取制度・・・kwあたり42円で買い取ってくれます(あくまで自家使用から余った分だけです)

産業用・・・太陽光パネルが10kW以上(個人でも10kW以上は産業用扱いになります)
補助金・・・短い期間で急に出てきます。様々な省(環境省や農林水産省等)から出ていますので
常にネット等でチェックする必要があります。ちなみに補助金額は様々ありますが
1/3とか1/2とかそんな感じです。
買取制度・・・kwあたり40円で買い取ってくれます(あくまで自家使用から余った分だけです)

産業用に関しては買い取り制度の所で全量買い取り制度という動きも出てきています。
今は自家使用で余った分だけを売電出来るのが、太陽光でおこした電気はみんな高い金額(今は40円)
で買い取ろう!になるかもです。

質問した人からのコメント

2011/7/5 09:08:44

ありがとうございます。とてもよくわかりました。JPEAにも問い合わせたのですが、わかりづらかったので…。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/6/2814:52:08

以下のサイトに詳しく載っています。

http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/taiyoukou/index-...

重要部分を要約すると・・・。
●太陽光発電設備からの余剰電力が買取対象となります
●発電事業目的で設置されたものは買取対象にはなりません(諸条件があります)
●住宅用で買取単価42円/kw、非住宅用で買取単価40円/kw(最大発電容量の上限あり)

などなど。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する