ここから本文です

天照大神が一番偉いとされているのですか?

rittle8さん

2011/9/1415:36:57

天照大神が一番偉いとされているのですか?

日本の神様のなかでは、一番偉いとされているのですか?
伊勢神宮は、天照大神を祀っているようですね。

閲覧数:
4,703
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

god_waterjpさん

2011/9/1416:34:35

あなた様の言う通り、伊勢神宮は天照大神様を祭祀しておりますが、「日本の神様で一番」との定義には当たりません。
先ずは、人間的な序列では無く、神々にはそれぞれのお働き、お役目があるので、軽々に人間が神に序列を付ける事は出来ません。
尚、神道に登場する神々は、日本神話で語られるような者では無く、地球の否、大宇宙の神々なのです。
天照大神様は、太陽を神格化した象徴であり、主に天皇家を守る氏神です。
太陽系一体を創られた天地七代の初代の神は、天地開闢、国常立大神様がおられます。
銀河系周辺を知ろしめす、天野御中主大神様がおられます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syuugyougakuさん

編集あり2011/9/1808:36:14

「ゝ(ちょん)の神、主(す)の神として神の名を統一せよ」、1959年(昭和34年)に崇盟五道、與主力(ヨスカ)従道として立教の命を受けた岡田光玉師の役割の一つが神の名を統一することにありました。

「す」は○○します。ストップ、スタート、のはじめであり終わりであるという神の御性質を現している言霊です。
す=十○=火+水、カミの下で真珠の魂を完成する、天国の都の扉は真珠で出来ている(聖書)=天国に入る鍵である=パール=羽明瑠

ス=フ人=負に働いて正にすることが日戸(天照日大神の天岩戸)の下で魂を育てること=子=フ十=太い者に成る。
SU=裂→輪=弗と円の間を巡ることによって育つ=割く裸→咲く羅=割く羅=櫻=二貝(廾=殻と実作りの廻りの二期)の恩納が紀(気、期)に架かる=割くラを咲く羅に包める=亘る→三+I愛、天意→車=丰(すがた=主型=す直=YES)=礼拝に生きる=月(腹の蝮)の膝(角)を折って日(昼=陽気)に帰る=天の岩戸を開ける=切腹して黒い腹を日に干して白い腹ににするのが侍(意を照らす=意咲く=イサク)で尾も白いお洒落頭(皇=主目羅)で主に叶う

「あいおーんの光る雲の中で天使サクラ(ス)が人間を考案して作ったのである、これが宇宙の秘密である」とイエスは三日前にユダに打ち明けた。{ユダの福音書、2006年6月に翻訳本が発売された)

括弧してスとあるのが重大です。車櫻の解釈は男は辛いよの第一作で寅さんが見合いの席上で披露されました。寅さん映画は48作で渥美さんの癌病死(平成8年8月4日=母の世=尾場間=オバマの誕生日)で終わりました、あいおーんとは48音の外撥ねて預羽するヨハネの真理矢の智恵(倍賞智恵子=智恵理意=さくら=咲庫、座)ですから、連携はとられ手います。
車寅次郎=クフ(工夫=反省=見返=ミカエル)王、です。

聖書の神の名がエホバから主に変えられたことも神の名を統一つして人類が祈りを統一しなければならないバベルの塔の再構築、の火の洗礼期に備えての大事な布石であります。
そして霊文明に入るまでは「シュ」と発音させて四(外運の殻田、支え=支火場、エホバ=物主文明)を完成させて「ス=主」を迎えられる用意をすべしと教えられたのです。

エホバ=仮で真如如来、逆法の迷いと謎のたとえ話で殻田を作る、主神(正=ス)にたいして副神(偽=シュ)の名です。
=ヤアベ=野亜部→屋明辺=→ヤハヱ=邪映→屋栄え=聖、正観音=意(立つ日の心)に応える志、士、侍=意を照らす=意咲く=イサク、

アブラハムはモリヤの山でイサクを捧げよと命じられた。守屋山を本尊とする諏訪神社に参れば打邪霊(外撥ねして預羽根する真理矢=48音のあん、あめんの神と人のキャッチボール)して主に和すことができる。

ゼカリヤ書
6:10「バビロン(場美論=殻田作り)から帰ってきたかの捕囚の中から、ヘルダイ、トビヤおよびエダヤを連れて、その日にゼパニヤ(是羽に矢=飛騨)の子ヨシヤ(良矢=良一=光玉師の家に行き、 6:11彼らから金銀を受け取って、一つの冠を造り、それをヨザダク(外座抱く=偶像崇拝)の子である●大祭司ヨシュア(外主亜=たとえ話しの教会)の頭にかぶらせて

主=ゝ三I、ゝ二十=宇宙の1点の下でSONが愛の命を立てる、天の下で神と人を十字架(火+水=精神+肉体)で結ぶ
=あるじ=亜屡示に在る(仕事=運)を示す=マスター=間酢田悪を真主立明する。

主=ゝ王=痴預して智與する、あん、あめんに意乗り応じる、住む=柱

神=ゝ不口十=天に1点の種(夢=不)を育てるには殻田のなかに十字架(精神主肉体従=火と水をカミ合せる)を確り立てることである。

ゝ=天御中主大神(宇宙の1点)

国常立大神=、国=口玉=殻田の角で玉を突っついて磨く王に徹すれば種を輝かして主に叶う、常=Iソワ口巾=天意の粗の輪の下で殻田を押し上げる十理を心がけることが立って(スタンド=主担努)天(アップ)の大神になる道である。

天照大神=、天=一大、二人、士人=侍=肉体(エバ=女=あま)を治めて意を照らす意咲く、イサクに生きる、照=日を召して種(芽=女=蝮)を育てる=秋(昭)に竜になって(変容羽化)天国に飛び帰る

漢字、地理、歴史、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ

「ゝ(ちょん)の神、主(す)の神として神の名を統一せよ」、1959年(昭和34年)に崇盟五道、與主力(ヨスカ)従道...

rei701030さん

2011/9/1416:39:21

天照大神が一番偉いということではありません。
日本の総氏神様です。
古事記には三貴神(アマテラス、ツキヨミ、スサノオ)という形で登場しますが、日本の神様に上下はないはずです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。