ここから本文です

AuditとReviewの『意味』と『違い』を教えてください。

質問者

finaaccomitukunさん

2011/9/2620:26:34

AuditとReviewの『意味』と『違い』を教えてください。

連結決算経験者・公認会計士・USCPA・監査法人勤務経験者の方でお願い致します。

補足ありがとうございます。コンファメーション・レターを送るとは例えば①Audit対象企業に確認しているのでしょうか?②具体的にどのような流れでされているのでしょうか?③取引先が拒否したらどうなるのでしょうか?又取引先に手数料とか払っているのでしょうか?④レター以外の他の外部確認方法はあるのでしょうか?

閲覧数:
2,042
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pyramid_9999さん

編集あり2011/9/3001:32:37

AuditもReviewも要はF/Sの内容を確認するために実施されるのですが、監査の範囲/度合、そしてF/Sへの信憑性が違います。

株主を含め多くのステークホールダー(利害関係者)がF/Sをもとに企業を評価します。F/Sの情報の真偽についてEvidenceを収集し、情報に大きなミスがないことを証明していきますが、ざっくり分けると外部の情報源にまで遡ってF/Sの情報を確認していくのがAudit、内部の情報源から真偽を確かめていくのがReview。外部の情報とF/Sを突き合わせるほうが、内部の情報をもとに確認していくよりも信憑性が高い、ということを前提としています。具体的には、例えばConfirmation Letterを得意先に送ることで期末の売掛金を確認していく方がAudit、内部の人間に質疑応答して確認していくのがReview。実施するProcedureも違うため、信用度も変わってくるわけです。実施する監査範囲が外部にまで広がるということは、その分期間もコストもAudit>Reviewとなってきます。


【補足】Confirmation LetterはAuditの際のARについての確認情報なので、AuditとReviewとは離れてしまいますが・・・。

①②確認はしますが、個々の企業でのARの重要度やInternal Controlにも左右されるので、ベンダーをしぼってConfirmation Letterを送る場合もありますが、期中にConfirmation Letterを送ってしまって、期末に残高の多いベンダーに再度Confirmationを送る場合もあります。

③取引先からConfirmation Letterを送り返してもらえない場合は催促しますが、予想とかけ離れた回答率であれば、他のAudit Procedureで補完する場合もありますし、あまりにひどくその他のAudit Procedureの適用もできず、あるいはそこから派生して何か問題が発覚すれば、Opinion(意見表明)事態表明をさける事態になることもあります。

④Confirmation LetterはあくまでARの確認のためです。Auditでその他の外部情報としては弁護士にPendingになっているLitigationなどないか確認するLetterやBank Statementなんかもあります。

質問した人からのコメント

2011/10/1 20:57:14

抱きしめる 本当にありがとうございます!!引き続き、質問させて頂きました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する