ここから本文です

「聖闘士星矢冥王ハーデス十二宮編」第3話「蠢く者の影」について。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

rhrpq351さん

2011/11/2619:44:28

「聖闘士星矢冥王ハーデス十二宮編」第3話「蠢く者の影」について。

ムウにハーデス城まで逆戻りされたデスマスクとアフロディーテが、雑兵達を倒しまくるシーンがあるのですが、ラダマンティスは二人を黄泉比良坂に落とした後にこう言います。「こいつらより我が冥闘士の雑兵の方がましだわ。」と。二人が倒した奴等は雑兵以下のカスだったということでしょうか?それともラダマンティスが見ていなかっただけなのでしょうか?こういった矛盾点を見つけたので、質問させていただきます。

閲覧数:
374
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pisukepapaさん

2011/11/2619:50:39

矛盾ではなく、あまりに二人の情けなさが酷かったことで、出たセリフです。

「実力は下でも、あそこまで情けないのは、雑兵にだっておらぬ。」そういう意味です。
最後は命乞いだもんね。仮にも最強の戦士なのに。


でも、あの二人の情けない姿は擬態だったが。

質問した人からのコメント

2011/11/26 22:13:49

なるほど、ありがとうございます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する