ここから本文です

ビタジェクトはなぜ中心静脈から投与しなければならないのですか? 末梢からの投...

質問者

yuki08021031さん

2011/12/1709:42:52

ビタジェクトはなぜ中心静脈から投与しなければならないのですか?
末梢からの投与はなぜ駄目なのでしょう?
自分は保険的な問題だからと思っていたのですが・・・教えてください。

閲覧数:
2,593
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/12/1711:44:12

はっきり言ってしまえば「保険上の問題です」。
確かに高カロリー輸液用総合ビタミン剤は、浸透圧等の問題により、少量の蒸留水等で希釈してそのまま静注すれば、血管を刺激する可能性はありますが、500ml以上の輸液に混合して末梢静脈より点滴する分には、血管刺激等の問題はありません。
保険上「高カロリー輸液時」との縛りがあるため、それに従わなければならないだけです。
昔はちょっと食べられないだけですぐに点滴をし、しかも総合ビタミン剤を気軽に混ぜていました。その後医療費高騰により、保険上の制限を厳しくしていく上で、ビタミン剤も入院中でかつ絶食中でない限り認められなくなった時代があります。そうなると医療機関側もビタミン剤を使わなくなったのですが、妊娠中の悪阻で食思不振の妊婦にたいし、ビタミン剤抜きで点滴だけしていたところ、ビタミンB1欠乏によるウェルニッケ脳症が何例も生じ、厚生労働省もビタミンBについては、だいぶ甘くなりました(ビーフリードなどの末梢投与可能なビタミンB含有のアミノ酸製剤が出たのは、一連のこの流れの上にあります)。しかしながら総合ビタミン剤については、経口、経管栄養ができず高カロリー輸液が必要な人のみに認めるとのスタンスを変えていません。よって末梢から投与可能でも、総合ビタミン剤を使うなら、(食止めにして)高カロリー輸液にしなければならないのが現状です。

質問した人からのコメント

2011/12/18 19:20:23

笑う 大変よくわかりました。
ありがとうございます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cayman530さん

編集あり2011/12/1712:28:30

ビタジェクトは、高カロリー経静脈栄養輸液添加用ビタミン剤です。
末梢静脈から投与した場合、ビタジェクトは浸透圧が高いために静脈炎を発症する危険性があります。
血流量が多ければ、血液とビタジェクトが混ざり合い、血液の浸透圧に近い状態になるので静脈炎のリスクは低下します。
ですので、中心静脈から投与する必要があります。
高カロリー経静脈栄養輸液添加用ビタミン剤の単独投与をしてはいけないのも同様の理由です。

michinoku_sasurai_ishaさんと回答で
michinoku_sasurai_ishaさんの回答を読んで、質問者様の意図が理解出来ました。
私の勘違いで、ビタジェクト自体を何で末梢から投与したら駄目なのか?を聞いているわけではないのですね・・・
michinoku_sasurai_ishaさんが私のベストアンサーです。(笑)

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する