ここから本文です

解決済みのQ&A

「ウッド」と「ユーティリティー」の違いとは?

purecatheartさん

「ウッド」と「ユーティリティー」の違いとは?

ゴルフ用具で、「5番ウッド」というのもあれば、「ユーティリティーの5番」というのもありますよね。

形状はどちらもいわゆる「ウッド」に見えるのですが、その違いがどういうことなのかわかりません。

どなたか教えてください!

  • 質問日時:
    2012/4/27 19:32:51
  • 解決日時:
    2012/5/12 07:55:31
  • 閲覧数:
    2,887
    回答数:
    9
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

ohtaengelsさん

パッと見では、比較的アイアンに近いものがユーティリティ、そうでないものがウッドですが、一番判りやすい差はフェイスプログレッションで、ユーティリティはグースネック(ストレートネックもあり)、ウッドはリーディングエッジがシャフトの中心線より前に出ているモノが多いです。
メーカー・モデルによって形状・名称に差はありますが、ユーティリティは低い球が打ちやすい(ラインが出しやすい)、ウッドはフェイスプログレッション値の大きさで球が上がりやすい、と考えてもそう間違いではないと思います。
番手については、ユーテリテイはアイアンに準じます。
ちなみに「5番ウッド」はロフトが2アイアン相当(18度前後)、「ユーティリティーの5番」は5アイアンと同等で24度~27度ぐらいが多いと思います。

  • 違反報告
  • 編集日時:2012/4/27 21:15:48
  • 回答日時:2012/4/27 21:13:43

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(8件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

yougen007さん

ロフト角が同一であればウッドの打球が高く上がり飛距離が伸びバックスピン量も大きくなるので止まりやすいです。理由はヘッド容積が大きくシャフトが長いからです。打ち方はどちらもダウンブロースイングです。UTはFWが苦手な人に人気がありますが、シングルさんやプロはアイアン感覚でボールコントロールし易いから使用している人もいます。アマチユアゴルファーでFWが苦手な人は自分の苦手な飛距離に合わせてUTを選べばよろしいかと思いますよ。一般的には160ヤード以上の距離が苦手なゴルファーが選んでいるようです。

takuya_72_11さん

ヘッドの形と長さが違います。
ちなみに、ユーティリティーの5番はウッドの5番の代替にならない場合が多いです。(11番ウッド相当が多い)

forcas_5072さん

単体なら分かり難いと思います。
程度の問題だから。

まぁ、UTの場合、UTと書いて有る場合が多いです。
そこで、判断をします。


さて、メーカーがUTとして発売していたら、UTで、
ウッドとして販売していたら、ウッドです。

endkakokmk2さん

うんうん ウッド型ユーティリティー って一体どっちの仲間なのよ って感じ

鳥にも獣にもなれなかったコウモリみたいなもの

あ・・・・そうか コウモリちゃんはだからお友達少ないんだァ

こんどからウッド型ユーティリティーと呼ぶことにしようww

yamahaev66さん

ウッドとユーティリティーの違いは
1)ヘッド:ウッドよりUTのほうが小さい。
2)感覚:ウッドはドライバー感覚にちかい打ち方、UTはアイアン感覚にちかい打ち方。
3)弾道:ウッドは高くグリーンで止まりやすくキャリーもかせげる、UTは低くウッドに比べてキャリーはでないが風に影響されにくくなりランがかせげる。
4)シャフト:ウッドよりUTのほうが短く打ちやすいためミート率が上がる。
ユーティリティーは一概には言えませんが、ロングアイアンが苦手な方などに重宝されています。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する