ここから本文です

富永恭次とか牟田口廉也とか、よく畳の上で死ねましたよね。 あれだけ死んだ遺族...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

pokocciさん

2006/8/2018:36:56

富永恭次とか牟田口廉也とか、よく畳の上で死ねましたよね。
あれだけ死んだ遺族の誰もが復讐で暗殺しなかったのか不思議です。
殺すにも値しない人間のクズだったからでしょうか?

閲覧数:
39,474
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/8/2020:12:19

はいそのとおりです。自裁・自決もできなかった人モドキです。
牟田口は戦後インタビューを受けています。盧溝橋事件からビルマ・インパール作戦に関して、話しています。
このインタビューの情報解禁が迫っています(?)。
あの『富永恭次とか牟田口廉也』の家族の方々に、意見を聞きたいものと切に思っています。
軍人恩給とか遺族年金とかをどんな気持ちで受けていたのかを知りたいのです。
部下の兵隊をムダに犬死させておいて、戦死した部下よりも高いお金を長年、受給していた心根を聞きたいのです。
しかし、彼ら以上に責任の重いのは、彼らが無能であるにもかかわらず、徴用した上官です。
富永は東条英機の『腰ぎんちゃく』と呼ばれてました。この一件だけでも、東条は絞首刑に値します。
なぜ、暗殺・復讐しなかったか。対等または価値ある人間なら『殺し』もしましょう。しかし、殺すに値する人間ではなかったのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuaigijyukuさん

2006/8/2121:16:46

皆様とてもお詳しい方々ばかりですね。

でも、ひとの名前をこういった場面で表現する場合は少しお考えになってくださいませんか。

戦史上の評価は確かに劣等であっても人格を悪し様に言ったり、まして子孫云々は・・・・孫や子き罪は無いとおもいます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jjmtkymtさん

2006/8/2118:59:11

高い地位にあった旧軍人らは戦後も力があったので住居などの情報がガードされていたのでしょう。
報復はともかく日本が連合国とは別に戦争責任を検証しようとして出来なかったのは旧軍人グループが暗躍して自らが罪に問われるのを防ごうとしたのもあるでしょう。
富永・牟田口らは言語道断ですが比較的連合国の受けが良かった元軍人らは吉田茂に軍隊を復活させ自分たちを登用するように要請するなど反省の欠片もない人物もいました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lzclk9227さん

2006/8/2021:21:29

あの二匹は悪い意味で戦史に名を残す外道将軍達であり末永く糾弾されて当然だと思いますね。
他国ならば軍法会議に必ずかけられて銃殺刑となって当たり前でしょう、旧ソ連軍ならば犯罪者大隊に放り込んで人間地雷探知機として有効活用したでしょう。
ところであの二匹によって死ななくて済んだ筈の将兵のご遺族が戦後報復を行わなかったのはやはり日本人の気質によるではないですかね、死して後にも唾を吐きかけるを善しとする某国人とは民族性がまるで異なりますから。
然しあのような外道将軍を軍法会議にもかけず罷免すらしなかった日本陸軍の体質とは今の官僚機構の体質と変わりませんね。
それどころか牟田口は陸軍予科士官学校長へ富永は関東軍の師団長へと任命されているのですからこんな他国の軍隊では絶対にあり得ない人事を平然と行った陸軍当局も同罪なのではないでしょうかね。
人事で負けた日本陸軍と評してもあながち間違いではなさそうに思いますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する