ここから本文です

ロッカーの板でカービングを楽しんでる方いますか? そんな方に質問です。 ...

k2115557さん

2012/8/3021:39:48

ロッカーの板でカービングを楽しんでる方いますか?

そんな方に質問です。

なぜ一般的にやりやすいと言われるキャンバーでなく、ロッカーでやっているのですか?

また、これは使う人の

技量によると思いますが、キャンバーとロッカーではやりやすさがそんなに違うものなのでしょうか?

ロッカーでも慣れれば簡単なんてことはありますか??

閲覧数:
7,642
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

popmaronyさん

編集あり2012/8/3101:28:07

こんにちは。

乗り手の脚力とか技量を考えてしまうと分からなくなってしまうし、板の細かい仕様の差の事は一旦保留するとして、
手っ取り早く単純比較するならロッカーのほうが簡単です。

キャンバーはその形状ゆえに、何もしないでそのままでは曲がりにくいです。

無G状態ではウエスト部分のエッジは雪に接しておらず、板の中央部を踏みつけて押し込まないと、せっかくのサイドカーブも効果を発揮しないです。
また、その状態ではエッジホールド力も弱いままです。

高速のカービングなどで板を大きく立てる場合はサイドカーブというよりも、板そのものの湾曲具合が舵となりカーブラインとなります。
板を押し込んで「逆反り」状態にしないと曲がりません。

硬いキャンバー板が難しいとされるのはこのためです。

キャンバーの長所はいくつかありますが、代表的なものは以下の通りで、
【自分の足から遠い場所にある両端に圧をかけやすい事】
【押し込んだ状態から戻る反発力を利用して加速(減速を補う)を得やすい事】

これはもうよほどの事が無い限りキャンバーに優位性がある構造上のものです。

ロッカーの良さ(簡単さ)は
【既に逆反り状態になっているので、そのままエッジに傾けていけばターンが容易】

ロッカーは構造上、両端に圧をかけにくいためスタンス設定を広めにしたりします。
既に逆反りになっているのに、狭いスタンス設定で中央部を押し込んでも無駄だからです。

キャンバーだけど、ロッカー要素の良さを持っている板もあります。
OGASAKAのCTなど、センター部が硬く足元から外側を柔らかく設計している板です。
圧を加えると両端がしなって持ち上がりやすいので、擬似的ロッカー要素となります。

一長一短有り、です。

ぐにゃぐにゃキャンバーよりしっかりしたロッカーのほうがよっぽどカービング性能高い事もありますし。
ロッカー登場の時代の何とも頼りないイメージが残ってはいますが、今はだいぶ差が縮まってきているように思います。、

ですが、全く同じ材料でキャンバーとロッカーを作ったら軍配が上がるのはきっとキャンバーでしょう。
直走も安定し、反発開放でカービングはより速く、エッジ全域に強く圧をかけるターンのキレ。
それぞれに一長一短があってもプラスマイナスを比較すればプラスの個数が多い。

簡単かどうか? という質問へのシンプル回答としてはロッカーだと思います。

質問した人からのコメント

2012/9/1 01:10:45

降参 みなさん、詳しくありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

leo_1845さん

2012/8/3112:15:02

フラット部分のまったくないロッカーの板に乗ってます。
もちろん、キャンバーの方がカービングがやりやすいことも実感してます。
それでもロッカーを使うのは、非圧雪での浮力、自由度を優先させるためです。
キャンバーとロッカーを使い分ければ良い話ですが、手入れや交換がめんどくさいので、ロッカーの板1枚です。

キャンバーの板でカービングできる技量がある人ならば、ロッカーの板でもカービングできると思います。
ただし、多少乗り方を変える必要があるのと、エッジの噛み具合はやはり弱いので、雪の状態による、といった感じです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2012/8/3023:57:39

こんばんは。

まず『ロッカーでカービングを楽しむ人』は殆どいないと思うので、セカンド板でWキャンバーの板を使ってる人間より回答いたします。まあ、私のはWキャンバーと言いつつキャンバーが弱めなので、ロッカーやフラットキャンバーに近い板です。
試乗会ではロッカーの板にも乗ってます。

選択の理由ですが、一番の理由はパウダーを楽しみつつ、圧雪バーンに戻った際にトリックを楽しむ為に使ってます。その為、セカンド板ですが結構硬めです。硬めなのでパウダーでも減速しにくいです。

ちなみにこの板でもゲレンデ内でのフリーカービングなら、キャンバーでカービングに向いてると言われる国産の基礎板相手でも、全くひけを取らないです。その代わりコントロールには技術とパワーを要しますが。

また、ロッカーとかキャンバーとか、形状だけでカービングをやりやすいとかやりにくいとか決めつけてる考えがそもそも間違いです。
大切なのは、その板のモデルが『何に主眼を置いて設計』されてるか、という事です。

実際に、下手なキャンバーの板よりカービングが切れるロッカーやWキャンバーのモデルもありますよ。敢えて両者のモデル名は避けますが、試乗会でも実際に体験してますし。

まあ、滅茶苦茶カービングしにくいロッカーやWキャンバーの板があるのも事実ですが、この辺のはわざとそう作られてるので仕方ないですね。

なので、形状云々で判断するよりその板の特徴で判断したほうが間違いないです。

カービングと一口に言ってもラインの取り方によっては、カービングに向いてないロッカーの板でも十分な場合があります。

最後に。
ロッカーでのカービングが好きか嫌いかは、板の性能だけではなく乗り手の合う、合わないってのもあります。一概には言えません。

板選びってそんなもんだと思います。

ご参考までに。

2012/8/3023:39:51

こんばんは。
基礎と言うのをしっかり学んでない僕には分かり得ないことではありますが、現在の滑り方はキャンバーに対しての基礎と言う滑りだと思います。それに対してロッカーの滑りがあるかと思います。キャンバーはロッカーの状態にしてこそ効果を発揮するものですので、ロッカーはロッカーの滑りがあると思います。

ロッカーの方が滑るのは簡単だと自分は感じました。ある程度の滑りで、至極プレッシャーを与えなければ問題なく動いてくれます。自分はキャンバーの滑りだと思うのでそのまま踏んで曲がればある程度圧がかかれば頼りない一面が見え隠れしてます。あんまり技術云々よりも慣れだと思います。行くとこまで行くと技量なんでしょうが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。