ここから本文です

解決済みのQ&A

幼虫(甲虫)の種類見分け方について質問です。私の息子(5歳)が何かの幼虫を採集...

chikara29さん

幼虫(甲虫)の種類見分け方について質問です。私の息子(5歳)が何かの幼虫を採集してきました。息子に採取した場所を聞いても、「この辺」という程度で、木の根元、腐葉土っぽい土の中、黒土の中なのか覚えていないようです。見る限りでは、図鑑でよく見るカブトムシやクワガタの幼虫です。まだ、5円玉程度の大きさなのですが、この時点でカブトムシ、クワガタ、コガネムシ、そのほかの甲虫かを見分ける方法はありませんでしょうか? 来年さなぎになるまでわからないのでしょうか? いずれ息子は「羽化するまで飼う!」といっているので、種類は何でもよいのですが、交換する土の種類などの目安にしたいと思っています。 よろしくお願いいたします。

  • 質問日時:
    2006/9/21 14:35:44
  • 解決日時:
    2006/9/22 00:41:06
  • 閲覧数:
    14,442
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

umiyusurikaさん

まず、平たい地面に置いて、歩き出すのを待ってください。体をまっすぐに伸ばし、胸部の3対の足で歩き始めたら、腐植質と草木の根の両方を食べるコガネムシの幼虫、背中を下に、腹面を空に向けて、背中を波打たせて剛毛をスパイクのように使って歩き始めたら、腐植質だけを食べるハナムグリの幼虫です。

普通子どもが住宅周辺で採集してくる可能性があるのはこれぐらいだと思いますが、万が一カブトムシやクワガタムシだったときのことを考えて、そちらの区別点も書いておきます。普通のコガネムシ、カブトムシ、ハナムグリのようなコガネムシ科の昆虫が、横割れの肛門で背中側から覆いかぶさるように閉じるのに対し、クワガタムシ科の幼虫は、肛門が縦割れで、左右のこぶが合わさるように閉じます。また、カブトムシの幼虫は普通のコガネムシほどには体をまっすぐにして歩くのは困難です。

クワガタムシとカブトムシの幼虫はネット上で飼育法がたくさん見つかると思うので、食葉性のコガネムシの幼虫とハナムグリの幼虫の飼育法を紹介します。ハナムグリはほぼ、カブトムシの幼虫と同じ飼育法で育てることができます。食葉性のコガネムシの場合、ドウガネブイブイの幼虫のように堆肥や腐葉土のような腐植質だけでも育つ種類がありますが、腐植質と植物の根の両方を食べるものが多いので、安全パイとして生の植物質も与えるようにします。具体的には、市販の赤玉土の小粒に水分を含ませたものに同量の腐葉土か堆肥を混ぜ、クローバーの葉を刻んだものと、皮付きのニンジンの輪切りを埋め込んでやって幼虫を放してやるといいでしょう。クローバーやニンジンは、1週間に1回ほど交換するとよいかもしれません。

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/9/21 14:57:58
  • 回答日時:2006/9/21 14:56:42

質問した人からのお礼

  • 大変参考になります。もう少し幼虫が大きくなったら見分けてみたいと思います。大切に育てて生きたいと思います。ありがとうございました。
  • コメント日時:2006/9/22 00:41:42

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する