ここから本文です

解決済みのQ&A

なぜひらがなとカタカナと漢字が存在するのでしょうか。漢字からひらがなが誕生し...

happy27birdsさん

なぜひらがなとカタカナと漢字が存在するのでしょうか。漢字からひらがなが誕生し、なぜその後にまたカタカナが誕生しなければならなかったのでしょうか。昔の人はひらがなだけでは物足りなかったのでしょうか。そしてなぜ、カタカナかひらがなのどちらかのみが今日まで生き残るのではなく両方残っているのでしょうか。外国人に日本語を教えているのですが、質問攻めにあい困っています。

  • 質問日時:
    2006/9/27 13:02:46
  • 解決日時:
    2006/10/2 02:21:24
  • 閲覧数:
    1,938
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

sarutahiko52さん

「カタカナとひらがながなぜ、両方残っているのでしょうか」というご質問です。

①、確かに外国人の日本語学習者でそう感じる学生もいるようです。
私などが韓国語の本を読んでいて、知らない語が出てくると、
それが固有語であるのか、外来語であるのかが区別できず、とまどうことがあります。
その点、日本語は片仮名を使うことによって
ひらがなや漢字とは違った意味を表現することができます。
これは大文字と小文字の区別とは比較できる程度のものではありません。

②、片仮名は外来語の表記と思われていますが、それだけではありません。

1、外来語(一般名詞から、地名、人名などの固有名詞まで)

2、動植物の名称(ネコ、キツネ、ユリ)

3、擬音、擬態語(ドカーン、ドキドキ、ソワソワ)

4、半ばからかって(代議士のセンセイ方は)

5、本来の、意味を少し柔らかくするため(ボクはそう思います。キミは?)

6、国際性をだすため(頑張れ、ニッポン)

7、本来の意味と違う時(ホシ<犯人)>の行方を追え)

そういう意味で「代議士の杉村先生」と「杉村センセイ」は意味が違うわけです。
そうしたことは外国人の日本語学習者も日本語の表現力がついてくるとわかってきます。
カタカナを覚えるのが面倒で、最初、そのような苦情が出るのは
日本語を教える人が少なからず経験することです。

③、ひらがなとカタカナの由来は違います。
カタカナが僧侶の仏典を読む時の補助としてできあがり
ひらがなが草書体としてできあがったことは上記回答者の仰るとおりです。
その後も説明的な地の文ではひらがなが用いられ、音などでカタカナが用いられるなど
区分けが徐々にされて、現在に至っています。
確かに歴史的な流れを見るとその境界がぶれたり、動いたりすることもあります。
明治初期には法令がカタカナで記されたちもしました。
しかし、現在は②のようにカタカナの語法が定着しつつあります。

うまくわかってもらえるといいですね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/9/27 14:37:34
  • 回答日時:2006/9/27 14:12:51

質問した人からのお礼

  • 笑うお二方ともどうもありがとうございます。こんな質問には誰も回答してくれないだろうと思いながら質問したのですが、すばらしい回答をしていただき感謝しているとともに、大変勉強になりました。
  • コメント日時:2006/10/2 02:24:13

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

poly_u_kiさん

カタカナは平安初期、漢字の一部分を取って作られ、漢文の訓点に用いられました。
その名残でいまでも外国のものはカタカナを使いますよね?
当時はお坊さんがお経の漢字に振り仮名や訓点によく用いました。

ひらがなは平安初期に女性が用いるために感じの草体をくずして作られたものです。
なので「女手」と呼ばれていた時期もあります。

あなたの言ってることは間違いで、漢字からひらがなが出来、そしてカタカナが生まれたというのは違います。
上に書いたように、ひらがなとカタカナは全く別の起源で、全く別の用途で作られました。
そして今でも全く別の使い方をされています。
たとえば「あ」は「安」から。でも「ア」は「阿」から出来てますし、
「い」は「以」からでも「イ」は「伊」から出来てます。
ひらがなとカタカナは同じ漢字を起源としていません。
外国人に聞かれたのなら、じゃあ何で大文字と小文字があるんだ?と聞き返してやりましょう。

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/9/27 13:36:19
  • 回答日時:2006/9/27 13:27:00

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する