ここから本文です

ユニクロダウンとノースフェイスダウンについて

tex_kiwiさん

2012/11/2421:19:37

ユニクロダウンとノースフェイスダウンについて

ユニクロのダウンジャケットとノースフェイスのダウンジャケットはやはり違いますか?
例えばユニクロ、「プレミアムダウンウルトラライトジャケット」など価格的には安いとは思いますが、性能や品質、耐久性など、ノースフェイスの「アコンカグア ジャケット」クラスのダウンなどと比べると、ユニクロダウンはそれなりでしょうか?
使用している材料が違えど、どちらも暖かいとは思いますが、ここまでの価格の差の違いを実感できるものでしょうか?
ユニクロのような安い製品だと、最初は良いけど、ほつれが出やすいとか、耐久性がないとかあるのでしょうか?
それともやはりブランドの差でしょうか?
宜しくお願いします。

閲覧数:
194,184
回答数:
12
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/11/2602:03:54

一般的に使われる ダウンの種類は約12種類あり、超高級素材から一般の素材まであります

例えばアイダーダウン、これはアイダーダックと呼ばれる鳥で 生息地が限定的な鳥で 尚且つ鳥から取るのでは無く 巣から取ります、当然高価です、そんな高いのもあれば 原価1キロ 数十円~10円にも満たない物まであります

一応種類は下記の通り

★アイダーダウン(ステッキー)超高級品
★スティッキーダウン(ホワイトグースダウンの中にある種類の方)
★ポーランドホワイトグースダウン
★ハンガリーホワイトグースダウン
★カナダホワイトグースダウンと ダックダウン
★フランスホワイトダックダウン
★中国東北大白鵞鳥ダウン
★中国安徽省大白鵞鳥ダウン
★廣東潮汕グレイグースダウン
★チェリーヴェリーホワイトダックダウン
★台湾ホワイトグースダウンと ダックダウン
★レギュラーダウン(一般ダウン)

こんな感じですね、ユニは一般ダウンと呼ばれる一番安価なダウンに対し ウエアメーカーは上記のホワイトグースや ホワイトグースの種類であるステッキータイプがもっとも多く使われいるようですね とても高価なグースダウンで 保温性が高い商品となります、また欠点は嵩(ロフト)が足りないので フェザーを少し足す必要が出てくる事ですね、大抵は5~10%くらいフェザー(スモールフェザー)を使っていると思います

フェザーは保温性が低いの ダウンとの割合でフェザーが多く入ると 温かみが減るので割合にも注意です

レギュラーダウンとフェザーで出来ているユニダウンと ウエアメーカーのダウンでは 何から何まで違う別物

★ダウンの違い=アヒルとガチョウ・・・ユニはレギュラーダックダウンですね 品質に関しては 何処の国のメーカーを使うかでも大きく変ります 一般的な部位を使い洗浄足らずの物なら濡れると臭くなりますし 硬いし 束ねても密度が低く保温性が低いし 重いです

ウエアーメーカーのダウンは 超高品質で貴重な部位を使った ホワイトグースダウン、毛の質がまるで違い保温性が高く、柔らかく、軽いです 見た目は羽毛とは思えないでしょう

★嵩の違い=高品質なダウンは密度が高くなりますが 嵩が低くなります、そのためスモールフェザーを使い 嵩を上げて保温性をより上げています

レギュラーダウンは毛が荒く 密度も荒いので嵩は出ますが 保温性が低くなります 安いダウンはフェザーの割合が増えるので 見た目の嵩の割には温かくないです

★生地=一般的なダウンに使われる生地はダウンやフェザーがなるべく出てこないような生地を使いますが その程度の生地です 生地の目が緩んで来ると チラホラ這い出してきます 生地もゴワゴワしてたり ベタツキ感(ビニール的な)があったりと 使用感はイマイチです 目も緩みやすい生地で 繊維だけに留まらず糸も悪いです

ウエアメーカーも出てこない生地を使いますが やはり 生地の目の緩みがあると チラホラ・・と、しかしホワイトグースダンのステッキータイプは互いに絡むので なかなか出てきません、どちらかと言うとスモールフェザーが出てくる事があるかと思います

生地に関しては 撥水や防風 消臭、除菌とモデルにより様々な加工が施されています、殆どがシルキータッチの生地なので 肌に触れても さらっとした感触があります、生地も糸もちゃんとした物を使っていますが やはり 化繊ですから 極端なスレには強くないので スレに強い物となれば 革しかありません(革ダウンは平地用です)

ダウンを選ぶ時の基本は 生地もそうですが 何のダウンを使っているか? ダウンとフェザーの割合はどれくらいか? あとは メーカーの表示するフィルパワーの数値ですね もちろん 嵩(ロフト)感も大事ですが、それは使っているダウンにより異なるので。。。嵩だけでは基準になりません

変な話 温かみの少ないレギュラーダウン80%に あまり暖かくしないノーマルフェザー20%なら 嫌でも嵩はモリモリですからね その割には暖かくない!と言う事に、街着に多いのがコレですね モコモコしているから暖かそう~~~と思いきや 寒冷地で使うと あれ?・・・・・そう暖かく感じるのは 対応範囲内だからですね。

ユニのフィルパワーは幾つだろうねぇ~~体感的には あれ500も無いんじゃない? ウエアメーカーは800~900ですからね モンベルが700チョットかな?まぁアウトドア用ですから平地ならOKと言う事で

ただ ミドルレイヤーとして販売しているライトダウンを、休憩中に使う場合、気温の低い環境なら、その上から アウターを羽織りましょう レインとかで十分ですがね より暖かくなります

おじさんは 休憩中はフリースの上にライトを羽織りますよ それでも寒ければレインを羽織りますね

と肝心な事を忘れたわ、ノースの光電子ダウン・・理屈は分かるけど 暖かくないよ でもユニより暖かいはずですが他のウエアメーカーから比べると かなり下の下です。

一般的に使われる ダウンの種類は約12種類あり、超高級素材から一般の素材まであります...

質問した人からのコメント

2012/11/26 22:05:55

成功 非常に詳しく書いてくれたのでBAにさせていただきました。他の方々も沢山のアドバイスをいただきどれも参考になりました。結局先日ノースフェのアコンカグアジャケット色MDを購入しました。後々後悔したくなかったし低山のハイキングにも行きますので、やはり機能面や耐久性など総合的に、やはり歴史あるノースに軍配が上がると思いました。

「光電子ダウン」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mm915102mmさん

2012/11/2611:31:29

素材の違いは当然ありますけど、体感温度は値段差ほどはありません。
明らかにダウン量が違う物は別として。

軽くて小さく畳めて暖かい物を優先しなければならないので、高くても登山用品メーカー製品を選ぶ人が多いのです。

ご自分が妥協できる範囲ならユニクロでも使えますよ。

mc23_gg3さん

2012/11/2512:21:50

ノースフェイスはブランド効果なのか品質以上に値段が高いですね。
品質の差だけ言えば、ユニクロとモンベルを比べるといいと思います。

同じくらいの重さのダウンジャケットがモンベルだと倍くらいの価格です。
暖かさは断然違いマス。
ノースフェイスになると同じ暖かさで+1万といった雰囲気。


私はユニクロダウンも使ってます。
ユニクロがいいのは汚してもきにならないことですw
パタゴニアやモンベルなどのダウンも持っていますが、山でガシガシ使うには高いので躊躇します。
よって、山ではフリース+ユニクロダウンというような使い方で使います。
(ダウンは行動中に着ることはないので休憩時のみ利用)

しかし、、ユニクロで5980円のダウンを買ってこんな使い方ならば、他の所で3980円とかのダウンでもさほど変わらないのでユニクロダウンがダメになったらそういった安いの買います。

yama_neko_kさん

2012/11/2509:25:45

ダウンの質も大きく関係します。ダウンには大きく分けてダックダウン(アヒル)とグースダウン(ガチョウ)があり、一般的にはグースダウンの方が高品質ですし、グースダウンの中でもガチョウの種類によってランクがあります。産地によっても違ってきます。中国産はやはり安いし、品質のランクも下がります。良いのはポーランド産と言われています。高いダウンジャケットは、やはり良いダウンを使っている場合が多いですね(登山用の高級品ではポーランド産のホワイトグースダウンが多いですね)。ユニクロはおそらく中国産ではないでしょうか? 調べてないけど…。タグに書いてあると思います。また”グースダウン”と書かれていなければほぼ”ダックダウン”の場合が多いようです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

iso14440さん

2012/11/2509:08:20

生地の取り方が違います。一枚の生地から切り出すのに、ヤスモンは「」「」「」「」「」という具合にハギレが最小限に留まるよう裁断します。上等のは「「「「「「と、惜しみなく切り出すので生地の風合い、手触り、伸び率が揃ってます。
中の羽も中国のヤスモン鳥かちゃんとした鳥かも違います。
また、決定的に問題なのは街着としての裁断だと前後身頃が揃っていて、登山用は前身頃が短く、袖が5センチくらい長く、後ろ身頃が長く、バンザイしてもしゃがんだりしても肌が露出しにくく、腹の周りでダブつきにくくなってまんねん。
街ではどちらも関係ないですが、山で使うには、やはり買える安全は金で買う方針です私は。

momo258vyさん

2012/11/2508:57:38

品質の違いは当然有りますが、すでに出ているでアフターサービスの違いを、

使用中に穴が開いたり、ファスナーが壊れたからとユニクロに持っていっても、悪質なクレーマー扱いでしょうが、
ノースなら普通に受け付けてくれます。

よって長持ちが保証されているようなものだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。