ここから本文です

復興特別所得税の端数処理について(グロスアップ計算)

g81107さん

2012/12/714:56:13

復興特別所得税の端数処理について(グロスアップ計算)

来年からの報酬の支払にあたり、手取り支給(グロスアップ計算)をベースにした
源泉について、考えています。

国税庁のHPを参照して、源泉所得税と復興特別所得税を合算した合計税率で
計算した税額(A) と個別に税額を計算したもの(B)で、1円ずれてしまいます。
Aの方が1円税金が多いです。

この計算というか、認識は正しいのでしょうか?

計算にあたって、復興特別所得税は端数計算をせず、合計税額のところで端数切捨て
しました。所得税は、端数切捨てしてます。


例)手取り支給額1万円のケース
A):合計税率の場合(10 % ×102.1% = 10.21%)

10,000 ÷ (1-0.1021) =11,137.(端数切捨て)
報酬総額 11,137円 税額 1,137円

B):別個に出すケース
10,000 ÷ (1-0.1021) =11,137.(端数切捨て)

11,137 × 10% = 1,113 (源泉所得税) 端数切捨て
1,113.7 × 2.1% = 23.38 (復興特別所得税) 端数計算せず
1,113 + 23.38 = 1,136 (税額) 端数切捨て
10,000 + 1,136 = 11,136 (報酬総額)

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,420
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryuei500さん

編集あり2012/12/921:50:17

所得税と復興特別所得税の按分は、復興特別所得税が先で、端数処理は50銭超切上で以下は切捨です。計算式は、源泉徴収税額×2,1%/102,1%です。(この算式で復興特別所得税を計算し端数処理します。)そして源泉徴収税額-復興特別所得税が所得税額です。
源泉徴収税額の算出方法は、国税庁のHPの通りですので、算出した源泉徴収税額の端数処理を申し上げた方法で行って下さい。
※ 業界の専門誌より。

質問した人からのコメント

2012/12/14 16:50:01

明快にご回答くださりありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する