ここから本文です

エヴァンゲリオンのストーリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

tybwk779さん

2007/5/116:15:57

エヴァンゲリオンのストーリー

見ていていまいちよく分かりませんでした。
TV版は最後おめでとうとみんながシンジにエールを送っていた。
それから別の日常になっていてユイやゲンドウが一緒に生活し、シンジとアスカも暮らしている
レイは転校生で性格も垢抜けていて眩しいぐらいに明るい。
恐らく考えられる可能性の一つなのでしょうけど、それを見せて何をメッセージとして伝えたかったのでしょうか?

それと映画版のラストなんですがアスカの言った一言も意味が分からないです。
そしてあの状況からして人が一つになったあとシンジとアスカの二人しか生き残っていないのですか?

結局はゼーレとゲンドウがしたことは同じことだったような気がします。(見ている感じでは)
もうちんぷんかんぷんです
知っている、意味を理解できる方、詳しい回答をお願いできませんか?

閲覧数:
30,097
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2007/5/401:20:46

すべてに対して、ここで回答することは、
字数的に難しいです。


過去、私が回答した内容です。
よろしかったら、参照してください。

使徒とはなにか、人類とどんな関係があるかを解説した回答です
『綾波は結局のところ何モンだったの?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211196777

なぜ、ゼーレが人類補完計画を企画しなくてはならなかったかを解説した回答です
『「人類補完計画」とは?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111351506

ラストがどうなったかを解説した回答です
『映画のエヴァンゲリオンまごころを、君に で最後結局どうなったんですか?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111314981


上記では説明しきれていない部分を補足します。


「神」について

企画書、脚本の段階では『第一始祖民族』と明記してある存在です。
宇宙で一番最初に生まれた知的生命体であり、
人類を含むすべての使徒を作った存在です。
本編中では、その名称がカットされました。
放送後に発表された二次資料とかにその名が残っています。
エヴァンゲリオン・クロニクルでその資料を読むことが出来ます。
名称がカットされたので、神と呼ぶしかないのですが、
これを考慮に入れると物語がわかりやすくなります。

エヴァンゲリオン・クロニクル
http://www.sonymagazines.jp/eva/


裏死海文書について

地球各地に眠る超古代遺物や人類以外の知的生命体に関する情報が記された文章。
使途の存在と襲来数、サードインパクトの発生、
ロンギヌスの槍などについて記載されていました。
ゼーレが行動指針としている文書ですが、
あきらかに人類が知るはずのない情報が記されています。
誰が、なんの目的でこの文書を書いたかは、
明らかな情報が、ありません。
もし、この文書が神によって書かれたものであれば、
ゼーレは神の意図に従って行動していることになりますが…


ロンギヌスの槍について

ロンギヌスの槍は神が作って、「白き月」などにいれ宇宙にばら撒いたものとされ、
アンチATフィールドによってすべての使徒の進化をリセットする能力があります。
神はこれで、
神にとって好ましくない進化を遂げた使徒をリセットするつもりだったのでしょうか?
神の意図は不明ですが使徒に対する最強の武器であることは間違いありません。
人間もまた、使徒であるので、これを地球規模で使うことで、
サードインパクトを起こし、人類の進化をリセットできます。


最終2話について

>人類補完計画など、
>作品中ではその全貌や実体が明らかにされない数々の伏線を散りばめたストーリー、
>生物学・心理学・宗教関係の専門用語を多用したつくりはSFファンを中心に人気を集め、
>最終話に向けて視聴者の期待は盛り上がったが、
>制作が間に合わなくなり第弐拾五話と最終話の2話は一転、
>それまでのストーリーとは断絶した主人公の内面世界の物語として描かれた。
>この最終2話については、主人公の内面を描いたTVシリーズに対し、
>それと同時に外面で起こっていた事象を描いたものが、
>翌1997年3月に劇場版『シト新生』として公開された。

新世紀エヴァンゲリオン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E...


リアルタイムでエヴァンゲリオンのTVシリーズを見ていました。
初めのほうは、作画も素晴らしい出来でしたが、最終話にむけて
作画とかグダグダになっていき、
(現在、発売しているDVDに収録されている映像は、
直してありますが)
最終2話にいたっては、
ほとんどいままでのフィルムの使いまわしだったので、
ついに制作体制が破綻して、フィルムが作れなかったのかと思ったものです。

制作サイドは予定通りだと言ってましたが、
ファンの間では、使徒はどうなったのか?
人類補完計画はなんだったのか?
まったく説明しないラストを批難する声が高かったと記憶しています。


さて今、解釈しなおすとするなら、TVの最終回は、
補完の最中に、シンジが見ていた映像の一場面だったのではないかとも
解釈できます。

TVの最終回は
「主人公の内面」で展開された映像であり、

>それから別の日常になっていてユイやゲンドウが一緒に生活し、シンジとアスカも暮らしている

のは、シンジが見た別の日常に対するイメージに過ぎず、
物理的におきていた事と、関係ないことなのでしょう。
世界にはいろいろな可能性があるということを見せたかった映像ではないかと推測しますが…


最後の場面のシンジの心中、アスカの心中というのは、
それぞれ解釈があると思いますが、
どれが正しいといえるのか決め手がありません。
物理的に起きていることは、一意に説明できるべきですが、
人の心の中のことについては、そういうことはないでしょう。

質問した人からのコメント

2007/5/5 15:02:45

抱きしめる 誠にありがとうございます。
迷いましたが、この回答が一番詳しかったで選ばさせていただきました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

u_wolfxxxさん

2007/5/202:11:02

簡単に、あくまで自分の解釈ですが‥‥

>TV版の最後
自分には色んな可能性があるということ。
だから、エヴァに乗る自分もたくさんの可能性の中から生まれた一つなんだから、
今の自分を否定せずに受け止めよう‥‥ということを言いたかったんじゃないかな?
それに気付いて「おめでとう」と。

>映画版のラスト
あの一言は本当は「あんたに殺されるなんてまっぴらよ」でした。
けれどアスカ役の宮村優子さんが中々上手くその台詞を言えなくて悩んでいる時に、
監督が「もし君が寝てる時に知らない男がベッドの横で君の姿を見ながら自慰行為をしていたらどうする?」という質問をした所、宮村さんが「気持ち悪い」と答えたそう。
それで「気持ち悪い」になりました。
つまり、自分に他人がよがっているのってどうよ?‥‥てことだと思います。

生き残ったのは、ATフィールドの意味を知っている者のみ。
なのであの後は二人しか生き残っていません。
(エヴァという作品は、聖書を逆から辿っているそうな‥‥なので残った二人がアダムとイブ(エヴァの場合はリリス?)を意味しているのではないかと。)

>ゼーレとゲンドウの目的
ゼーレは行ってきた『人類補完計画』は、一旦ヒトの形を捨てて、ヒトを人工進化させるという計画で、
ロンギヌスの槍とリリスを使って行うもの。
ゲンドウの計画はそれとは違い、アダムとリリスの融合によって人類の補完を完成させ、
「人類の心の隙間を埋める」のが目的。が、詳細は不明(だそうです。)
ゲンドウの計画は「ユイにもう一度会いたい」というのが根底にあったようです。


あまり詳しく研究している訳ではないので、自分の知っている事と考えでこんな感じ‥‥

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

vip_tieさん

2007/5/116:20:57

>恐らく考えられる可能性の一つなのでしょうけど、それを見せて何をメッセージとして伝えたかったのでしょうか?

「お前らが見たかったのはこんなアニメなんだろ?」という皮肉

>それと映画版のラストなんですがアスカの言った一言も意味が分からないです。

「この状態であなたならなんと言いますか?」と聞かれたことに対する
みやむーのアドリブ


すくなくともはっきりしている情報。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する