ここから本文です

解決済みのQ&A

「好き」「愛してる」と「愛おしい」の違いを教えてください。 私の旦那は好きというか...

asumakakasi2007さん

「好き」「愛してる」と「愛おしい」の違いを教えてください。
私の旦那は好きというか愛おしい存在です。

  • 質問日時:
    2007/5/8 15:30:59
  • 解決日時:
    2007/5/23 03:36:04
  • 閲覧数:
    22,276
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

cobratakumaさん

すき【好き】
[名・形動]

1 心がひかれること。気に入ること。また、そのさま。「―な人」「―な道に進む」嫌い。

2 片寄ってそのことを好むさま。物好き。また、特に、好色。色好み。「幹事を買って出るなんて、君も―だねえ」「―者」

3 自分の思うままに振る舞うこと。また、そのさま。「―なだけ遊ぶ」「どうとも―にしなさい」

あい・する【愛する】
[動サ変]あい・す[サ変]

1 かわいがり、いつくしむ。愛情を注ぐ。「我が子を―・する」

2 異性を慕う。恋する。「―・する人と結ばれる」

3 とりわけ好み、それに親しむ。「音楽を―・する」

4 かけがえのないものとして、それを心から大切にする。「祖国を―・する」

5 機嫌をとる。あやす。

いとおし・い〔いとほしい〕【▽愛おしい】
[形]いとほ・し[シク]

1 大事にして、かわいがりたくなるさま。たまらなくかわいい。「どの子犬も―・く思う」

2 かわいそうだ。気の毒だ。「被害にあった子供たちが―・い」

3 困ったことである。つらい。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

supplement_counselingさん

お答えします。

「好き」という言葉ですが、これは「好む(このむ)」という言葉からもわかるように、自分の意思が強く含まれています。
つまりは、相手の気持ちに関わらず、自分が相手を気に入ることを指します。

恋愛上では、『「好き」、「私も」』という使い方もしますが、一般的には成就していない片思いなどの恋愛で使われることが多いようです。
どちらかというとニュアンスは「愛」よりは「恋」に近いのではないでしょうか。


「愛してる」ですが、これは正確には「愛している」「愛する」ですね。
これはある程度、自分と愛している人(対象)が独自の世界を持っています。
その世界の中で(愛)情を注ぎあうことで、それを認識しあう言葉です。

例えば日本語でいうところの「愛人」という言葉が上記の説明に対してわかりやすいと思われます。
もちろん「恋人」同士にも当てはまります。


最後に「愛おしい」ですが、一般的には、かわいいものに対する表現で、目下に対して使うことが多いです。
「すごく可愛い自分の子供が愛おしい」
「自分の犬が愛おしい」
など。
しかし、恋愛においては「愛している」に比べ、独自の世界に対する憧れとその対象への崇拝が含まれます。
例えば、ロミオとジュリエットの場合、
ロミオが「本当に美しいジュリエット(崇拝)と二人で一緒の時間を過ごしたい(憧れ)」
⇒「ジュリエットが愛おしい」

いかがでしょうか。

■ ■
■ ■

「ジュリエット、旦那」に関する質問

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する