ここから本文です

解決済みのQ&A

「掛け率」とは何ですか?

mazanosuさん

「掛け率」とは何ですか?

新人です。
よく電話でお客様に「○○(商品名)の掛け率を教えて下さい」と聞かれるので、
先輩に聞いてみると「40(または45)と言って」というので、そのままお客様に答えています。
先輩は忙しいので「掛け率」が何なのか聞けません。
「掛け率」とは何ですか?
何故お客さんは掛け率を聞いてくるのですか?

  • 質問日時:
    2007/5/13 00:21:05
  • 解決日時:
    2007/5/27 03:43:13
  • 閲覧数:
    96,983
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

hamuchin2007さん

商品の定価、または売値の何%で買えるか?ということです。
例えば、1000円の商品価格のものの掛け率40ということは、1000×0.4=400 
お客さんの仕入れ値は400円ということです。
掛け率が分からないと利益の計算が出来ないので、お客さんは必ず聞きます。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

tennendosuさん

・・・掛け率・折り掛け って聞いた事ありませんか? 坊主丸儲け・薬 九そうばい(商売にかけてるとおもわれます)とか・・ お寺さんは丸々儲け、薬やさんは9掛けって事ですね。9賭けだと9割の儲けがありますよ。 そうお寺さんは全部設けて薬やさんは9割の儲けって事です。 40って結構いいほうだと思います。業種により様々ですが、食品2.3割、衣料で2.4割の儲けでしょうか? ただし、ブランドは除きます。 1ポイント変わっても大きな違いとなるはずです。
しかし、上司に聞けない・聞かないのは何故ですか? 先輩はどんなに忙しくても下を育てるのも仕事です。遠慮しているつもりでしょうが、先輩は「こいつ、何故聞かない?」って思ってるかもしれません。聞けばいいんですよ。 答えてくれないなら 何度でも聞いたらいいんです。
それで教えてくれないならそんな上司を飼ってる会社を見捨てましょうよ。

to_be_789さん

たぶん今お勤めのところは、問屋さんかメーカーなんでしょう。
直接エンドユーザーに売る場合は、定価でいいわけです。
定価が1000円のものを、間に入る小売店に出す場合、
小売店にも利益が必要ですよね。
それで、たとえばまとめて買ってくれる場合は、この金額で
出しますよというものです。
40というのは、40%
つまり、定価1000円の場合は、400円で出すということです。

これに対して原価(商品を作るためにかかったお金)や、
定価のことを上代といい、仕入れ値のことを下代と言ったりします。

asitamosubutaさん

問屋さん相手の商売をされているのでしょうか?
あなたの会社は、定価に40%または45%をかけた値段で商品を卸しているのでしょう。

例えば定価が1000円の商品(一般のお店での価格です)なら
400円か450円で卸していることになります。

お客さんは「いくらで入りますか?」と聞いているのと同じです

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する