ここから本文です

解決済みのQ&A

応力ーひずみ曲線のグラフより、E(ヤング率)を求めるにはどのような計算をした...

daratekinaiさん

応力ーひずみ曲線のグラフより、E(ヤング率)を求めるにはどのような計算をしたら良いのでしょうか?またグラフをどのように読み取るのですか?

  • 質問日時:
    2007/5/23 00:40:23
  • 解決日時:
    2007/6/6 03:46:42
  • 閲覧数:
    33,453
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

tribute_2x2さん

応力ーひずみ曲線(SSカーブ)からヤング率(剛性率)を求めるには、その原点から始まる直線部分の傾きを求めます。

この部分は、ひずみの大きさと、それに必要な力(応力)が比例している「剛性領域」(力を抜けば形がもどる範囲)だからです。これを越えてしまうと、力を抜いても形がもどらない「塑性変形領域」になってしまいます。

ただ、厳密には素材によって、日本工業規格(JIS)や国際標準規格(ISO)などで、測定法や何%のびのときの値でヤング率を求めるか、が決まっています。1%のび時点の値を用いるものもあれば、5%のびでの値を用いるものもあります。

http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/ewing/06Sarani/univ_Young...
http://homepage3.nifty.com/agnesokutei/pag41000.htm
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E8%A6%8F%E6%A0%BC+%...
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E3%83%A4%E3%83%B3%E...

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

mako_shark2000さん

フックの法則
σ=Eεから計算できます。

応力-ひずみ曲線のうち、ひずみが小さい部分では直線的だと思います。その部分の傾きを取れば良いわけですね。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する