ここから本文です

裁判所からの「特別送達」を、受取拒否したらどうなりますか?

質問者

comson5660さん

2007/5/3116:38:48

裁判所からの「特別送達」を、受取拒否したらどうなりますか?

閲覧数:
29,044
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sakataka20さん

2007/5/3116:52:14

特別送達を受け取り拒否すれば、1回目の特別送達郵便が戻ってきたら,次は休日指定で特別送達郵便を発送されることが多いようです。1回目の送達が届かず,次に休日指定で送達する際に,第1回口頭弁論期日を変更した方が良い(先延ばしにした方が良い)と書記官が考えた場合,原告と相談して期日を変更します。(形式的には原告が訴状等送達不奏功のため期日変更を申し立てることになります。)
 3回目は,就業先に送る(就業先送達)か,三たび住所地に送る(附郵便送達)か,掲示板に掲出する(公示送達)か,書記官が判断するために原告に調査するよう指示します。合わせて,2回目の送達の際に期日変更しなかった場合は,大抵,この時点で期日が変更されます。
 優先順位からすれば,附郵便送達や公示送達よりも就業先送達が選択されますので,貴方の職場に裁判所から通知が来ます。「職場にいづらくなってしまうのではないか」という配慮はしません。裁判所にしてみれば,2回も郵便を送っているのに受け取らない者に対してそのような配慮をする必要がないからです。
 原告が就業先を調べたが判らず,被告が住所地に住んでいると報告した場合は,附郵便送達になります。附郵便送達は,発送した時点で送達されたと看做されますので,被告が受け取ろうと受け取るまいと関係なく,訴訟は進行します。
 「被告に対して適式な送達がなされたが,被告は出廷せず,答弁書も提出せず,原告の主張を全て認めたものと判断」され,原告主張どおりの判決が言渡されます。いわゆる欠席裁判です。

質問した人からのコメント

2007/6/4 17:38:47

感謝 なるほど

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

abare_taizouさん

2007/5/3118:54:01

(1)本人が受け取り拒否した場合、「差置送達」により送達完了です。(民事訴訟法106条3項)

(2)就業場所以外の送達先(自宅等)に送達した際に「書類の受領について相当のわきまえのある」同居人等が受け取り拒否した場合も、「差置送達」により送達完了です。(106条1項・3項)

(3)就業先送達の場合に本人以外の者が受け取り拒否した場合、「差置送達」は出来ない(106条2項)ので、「書留郵便等に付する送達」(107条1項)を実施します。
書留郵便等に付して発送した場合には、その発送の時に、送達があったものとみなされます。(107条3項)


<民事訴訟法>
(補充送達及び差置送達)
第106条
(第1項)就業場所以外の送達をすべき場所において送達を受けるべき者に出会わないときは、使用人その他の従業者又は同居者であって、書類の受領について相当のわきまえのあるものに書類を交付することができる。
郵便の業務に従事する者が郵便局において書類を交付すべきときも、同様とする。
(第2項)就業場所(第104条第1項前段の規定による届出に係る場所が就業場所である場合を含む。)において送達を受けるべき者に出会わない場合において、第103条第2項の他人又はその法定代理人若しくは使用人その他の従業者であって、書類の受領について相当のわきまえのあるものが書類の交付を受けることを拒まないときは、これらの者に書類を交付することができる。
(第3項)送達を受けるべき者又は第1項前段の規定により書類の交付を受けるべき者が正当な理由なくこれを受けることを拒んだときは、送達をすべき場所に書類を差し置くことができる。

(書留郵便等に付する送達)
第107条
(第1項)前条の規定により送達をすることができない場合には、裁判所書記官は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める場所にあてて、書類を書留郵便又は民間事業者による信書の送達に関する法律(平成14年法律第99号)第2条第6項に規定する一般信書便事業者若しくは同条第9項に規定する特定信書便事業者の提供する同条第2項に規定する信書便の役務のうち書留郵便に準ずるものとして最高裁判所規則で定めるもの(次項及び第3項において「書留郵便等」という。)に付して発送することができる。
1.第103条の規定による送達をすべき場合 同条第1項に定める場所
2.第104条第2項の規定による送達をすべき場合 同項の場所
3.第104条第3項の規定による送達をすべき場合 同項の場所(その場所が就業場所である場合にあっては、訴訟記録に表れたその者の住所等)
(第2項)前項第2号又は第3号の規定により書類を書留郵便等に付して発送した場合には、その後に送達すべき書類は、同項第2号又は第3号に定める場所にあてて、書留郵便等に付して発送することができる。
(第3項)前2項の規定により書類を書留郵便等に付して発送した場合には、その発送の時に、送達があったものとみなす。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

misaetyannさん

2007/5/3117:06:27

裁判の内容によっては不在のまま負けが決まる
ことのないようによっては逮捕されると以前どこかの記載でみました

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2007/5/3116:51:25

裁判所からの送付物は拒否しますとその送付物の記載内容をすべて認めた(理解した)ことになります。
受け取ったのと同じことです。

受け取りたくもなく認めたくもない場合はなにもしないことです。
配達員が来ても無視もしくは「本人ではありませんので知りません」と言う。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する